ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

いじめについて

~ 子どもたちに心豊かな毎日を ~

「いじめ」とは

(1)当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、
(2)心理的・物理的な攻撃を受けたことにより、
(3)精神的な苦痛を感じているもの。

いじめは絶対に許されないことを教えよう

○いじめを絶対にしないことや、いじめを見たときは、いじめている子を注意したり、
 いじめられている子を励ましたりするように教えましょう。  
○いじめを受けたときは、一人で悩まずに、親や教師に相談するように伝えましょう。

サインを見逃さないようにしよう

○子どもの発するサインを敏感に感じ取り、子どもの様子が変だと感じたら、じっくり話をしましょう。

子どもの発するサイン(例) 

   ・欠席、遅刻などが多くなり、学校に行くことを嫌がる。
   ・すりきずや打撲などの傷がよく見られる。
   ・衣服が破れていたり、汚れていることがよくある。
   ・金品を家庭から持ち出す。など

子どもの思いや悩みを受け止めよう

○いじめられた子どものつらい気持ちを受け止め、親は子どもの味方であることを伝えるなどして、
 子どもに安心感を与えるようにしましょう。
○学校の先生と、できるだけ早期に相談しましょう。

[相談窓口]

「岡山県いじめ問題対策基本方針」について