ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 文化振興課 12月8日 岡山のスゴい文化!東京キャラバンin岡山(12月8日)

12月8日 岡山のスゴい文化!東京キャラバンin岡山(12月8日)

 「東京キャラバン」は、「東京2020 オリンピック・パラリンピック」の文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトです。
 2015年から始まり、これまで東京、京都など国内13カ所、海外1カ所で公演を行っており、2019年12月8日には、倉敷で開催されます。

 岡山の歴史や文化を体感し、そこから着想を得たリーディングアーティストの福原充則(劇作家・演出家)と参加アーティストらが、備中神楽や音楽、ダンスなど、岡山で活躍する文化の担い手や表現者たちと出会い、ジャンルを越えて交わり、ともに新しい表現を創り上げます。
 果たして、どんなパフォーマンスが花開くのか。ステージは目撃者である“あなた”を通して完成します!
 観覧は無料、出入り自由。「東京キャラバンi n 岡山」でしか観ることのできない貴重なパフォーマンスを、是非とも“生”で体験してください!

開催概要

日時

2019年12月8日(日曜日)12時00分~、14時00分~、16時00分~

※開演前に倉敷美観地区内にて練り歩きパフォーマンスを実施

場所

倉敷物語館(岡山県倉敷市阿知2丁目23 -18)

料金

観覧無料・事前予約不要・出入り自由

リーディングアーティストメッセージ:福原充則(劇作家・演出家)

 今回の東京キャラバンでは、「市井の人々を描いた小さな物語」と「小さなパレード」をやろうと目論んで、岡山のアーティストの方々とオーディション、様子見の稽古、と段階を踏んできました。
 東京からも役者を数名連れて行ったので、行く前は、「東京と岡山の共通点をみつけ、違いを楽しむ」みたいなことが頭にあったんですが、いざそれぞれのダンサー、ミュージシャン、ジャンルで形容できない創作者の面々と会うとそこには地域性よりも、個人の物語が流れていたな、と。
 我々は、どこにいても、その場の楽しみと哀しみがあって、それに寄り添って生きている。その小さな物語を、みなさまにお届け出来たらと思っています。
 難しい話ではないです。僕は娯楽ありきの人間
なので、今書いたようなことを前提にしつつ、のんびり、なにも考えず、「無料!」で、楽しめる作品にしますので、ぜひぜひお越し下さい。

問合せ先

〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6 岡山県環境文化部文化振興課
 Tel:086-226-7903(月曜日~金曜日 8時30分~17時15分)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 文化振興課 12月8日 岡山のスゴい文化!東京キャラバンin岡山(12月8日)