ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【花き】岡山市の生産者が小型けいとうを大阪市場に初出荷(2019年7月29日)

【花き】岡山市の生産者が小型けいとうを大阪市場に初出荷(2019年7月29日)

 7月29日、岡山市の切り花生産者1戸が、花冠が小さく可愛いらしい「小型けいとう」をJF鶴見花き市場に初出荷しました。
 この小型けいとうは播種から開花まで、セルトレイで栽培し、花の小型化を図ることで、アレンジ用としての需要を期待しているもので、8月中旬まで切り花として出荷していく予定です。
 備前広域農業普及指導センターでは、実需者ニーズに対応した花きの導入と拡大を目指すため、セルトレイによる小型けいとう栽培を試験導入しています。
 今後、実需者アンケートや販売実績、品質調査などをもとに販売ターゲットを選定し、それに応じた栽培マニュアルを作成し、普及に役立てていきます。

特記事項・補足事項
 初出荷数量:100本、単価25円
 今後出荷予定:8月中旬まで
 実需者ニーズに対応した花きの導入・拡大品目:
 「小型けいとう」、「テマリソウ」、「クラスペディア」、「小型ひまわり」、「切り花葉ぼ
 たん」、「しきみ」
72穴セルトレイで栽培
72穴セルトレイで栽培
小型化した花冠
小型化した花冠

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【花き】岡山市の生産者が小型けいとうを大阪市場に初出荷(2019年7月29日)