ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】岡山市で紫苑の適正な房づくりを目指した講習会を開催(2019年6月26日)

【果樹】岡山市で紫苑の適正な房づくりを目指した講習会を開催(2019年6月26日)

 シャインマスカットや紫苑は大房が多く、実需者等から房形を含めた改善が求められています。
 今年度、備前広域農業普及指導センターでは、適正サイズ(5kg箱に7~8房)で、肩部の巻き込み良好な房づくりの定着を目指して、管内9か所に展示ほを設置しています。展示ほでは、岡山県果樹栽培指針に沿って花穂整形、果房整形を行い、随時生育状況の確認を行っています。
 6月26日には、温室園芸農業協同組合長野分区で紫苑の展示ほを活用した講習会を開催し、仕上げ摘粒の状況を確認しました。今回が3回目の講習で、花穂の記録写真と見比べながら確認できわかりやすいと好評でした。
 今後、各展示ほで収穫調査を行い、房サイズの確認を行う予定です。
仕上げ摘粒状況の確認中
仕上げ摘粒状況の確認中
展示ほでの房づくり
展示ほでの房づくり

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】岡山市で紫苑の適正な房づくりを目指した講習会を開催(2019年6月26日)