ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】一宮の交信撹乱剤の効果は継続中!(2019年6月12日)

【果樹】一宮の交信撹乱剤の効果は継続中!(2019年6月12日)

 JA岡山一宮選果場果樹部会では、環境に優しいもも栽培を目指し、性フェロモン剤(交信撹乱剤)と黄色防蛾灯を組み合わせた総合的害虫管理に取り組んでいます。
 6月12日、部会のコンフューザー・防蛾灯委員会と関係機関でフェロモントラップを巡回調査しました。ナシヒメシンクイ、モモハモグリガは、3月に設置した性フェロモン剤の効果が継続していました。また、モモノゴマダラノメイガの初発は平年並でしたが防蛾灯の設置園への飛び込みはないことを確認しました。
 今年度から初めて委員になった方からは「判別が難しいが、どのような害虫かがわかった」との声が聞かれました。
 普及指導センターでは、今後も対象害虫の判別支援や発生時の対策指導を行っていく予定です。
フェロモントラップ確認中
フェロモントラップ確認中

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】一宮の交信撹乱剤の効果は継続中!(2019年6月12日)