ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】岡山市の小学生が特産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」について後継者から学ぶ(2019年6月6日)

【果樹】岡山市の小学生が特産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」について後継者から学ぶ(2019年6月6日)

 岡山市の津高地域の農業後継者グループのスリーAクラブ(会員8人)は、地域との交流活動の一つとして、6月6日、朝日塾小学校3年生(約70人)を対象に食育授業を行いました。
 授業では、津高地区にある「マスカット・オブ・アレキサンドリア(以下アレキ)」の原始温室とクラブ員のハウスを見学しながら、クラブ員が「岡山市のアレキの栽培の歴史」や「アレキができるまで」などを説明しました。児童からは、「種なしと種ありをどうやって見分けるのか?」「マスカットと名前の付く品種はどれくらいあるのか?」「なぜ、せっかくなっている粒を切ってしまうの?」など活発な質問が出されました。
 朝日塾小学校の課外授業は収穫作業を含めてあと2回予定されており、普及指導センターでは今後も、スリーAクラブの活動を支援する予定です。
写真1 原始温室の見学
写真1 原始温室の見学
写真2 林氏のアレキハウスで質問タイム
写真2 林氏のアレキハウスで質問タイム

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】岡山市の小学生が特産「マスカット・オブ・アレキサンドリア」について後継者から学ぶ(2019年6月6日)