ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 ハンセン病問題に関するパネル展を開催します。

ハンセン病問題に関するパネル展を開催します。

ハンセン病問題に関するパネル展を開催します。

ハンセン病は昔、らい病と呼ばれ、国の隔離政策により、強い感染力を持った恐ろしい病気と誤解され、患者やその家族は偏見や差別に苦しめられてきました。ハンセン病問題の正しい理解を進め、偏見・差別の解消を図るため、6月22日の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」にあわせ、岡山県庁1階県民室においてパネル展を開催します。

【開催期間】

開催期間:令和元年6月14日(金曜日)~6月28日(金曜日)
※閉庁日は除く

【場所】

岡山県庁 1階 県民室

【パネル展】

ハンセン病の正しい理解、ハンセン病療養所の歴史などパネル12枚
関連パンフレット等

【その他】

併せて、パネル展期間中に「語り部講演会」を開催します。

日時:

令和元年6月23日(日曜日)13時30分~15時30分

内容:

DVD上映、講演・質疑応答          
講師 国立療養所邑久光明園入所者自治会
   会長 屋 猛司 氏          
演題「ハンセン病を正しく理解し、偏見差別の解消を令和の時代へ託す」

場所:

ピュアリティまきび 3階 「飛翔」

 


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 ハンセン病問題に関するパネル展を開催します。