ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 岡山県地域課題解決型起業支援事業について
トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 岡山県地域課題解決型起業支援事業について

岡山県地域課題解決型起業支援事業について

 岡山県では、地域の社会的課題を解決するため、地域の課題解決を目的として起業をされる方に対する支援を実施します。
 具体的には、起業に要する経費の一部を補助する(起業支援金)とともに、事業立ち上げからの伴走支援を行います。
 また、東京23区に居住又は通勤されている方が、岡山県内に移住するとともに、起業支援金の交付決定を受けた場合は、併せて移住支援金を交付します。
 いずれも、交付する件数の上限や交付のための条件がありますので、ご確認ください。
◎起業支援金
1 対象者の主な要件
 (1) 県内において、令和元年6月5日以降に、個人事業の開業届出を行い、又は法人(みなし大企業を除く。)を新たに設立して、その代表者となる者
 (2) 県内に居住又は事業実施期間完了の日までに県内に移住予定

2 対象事業の主な要件
 (1) 地域社会が抱える課題の解決に資する。
  (例)地域活性化関連、子育て支援、買い物弱者支援、地域交通支援、社会福祉関連など
 (2) 提供するサービスの対価として得られる収益によって自律的な事業の継続が可能
 (3) 地域の課題に対し、当該地域における課題解決に資するサービスの供給が十分でない。 
3 対象経費  人件費、店舗等借料、設備費、原材料費など

4 補助率及び上限額  対象経費の2分の1以内(上限額 200万円)

5 公募期間  第1回:令和元年6月5日(水曜日)から7月19日(金曜日)まで
        第2回:令和元年8月20日(火曜日)から9月27日(金曜日)まで

6 交付予定件数(年間) 20件

7 応募先   岡山県商工会連合会
 ※ 起業支援金についての詳細は、岡山県商工会連合会ホームページをご覧ください。
◎起業に係る伴走支援
 岡山県商工会連合会や関係支援機関が応募時から次のような伴走支援を行います。
 ・ 事業計画作成や起業の進捗状況に応じた相談対応
 ・ 経理処理状況の管理及び指導
 ・ 販路開拓等の経営支援


◎移住支援金(起業関係分)
1 対象となる方
  以下の要件を全て満たす方が移住支援金の対象となります。
 (1) 直近5年以上、東京23区に居住していた方又は東京圏(埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県)から東京23区に通勤していた方
 (2) 移住後、転入先の市町村に5年以上継続して居住する意思のある方
 (3) 起業された方(岡山県商工会連合会会長から起業支援金の交付決定を受けた方に限ります。)
  ※ 令和元年(2019)年6月5日以降に移住された方が対象となります。

2 対象となる移住先
  岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、
  和気町、早島町、矢掛町、新庄村、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、吉備中央町(里庄町及び西粟倉村を除く岡山県内の市町村)

3 支給金額
  2人以上の世帯の場合、100万円
  単身の場合、60万円

4 申請できる期間
  起業支援金の交付決定後で、移住後3ヶ月以上1年以内の期間

5 申請手続
  申請手続については、移住先の市町村へお問い合わせください。

トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 岡山県地域課題解決型起業支援事業について
トップページ 組織で探す 産業労働部 経営支援課 岡山県地域課題解決型起業支援事業について