ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】瀬戸内市産レモンのブランド化を目指せ!(3月5日)

【果樹】瀬戸内市産レモンのブランド化を目指せ!(3月5日)

 備前広域農業普及指導センターは、瀬戸内市産レモンについての理解を深め、生産及び需要の拡大を図るために、3月5日(火曜日)、JA岡山牛窓支店で「瀬戸内市産レモンブランド化研修会」を開催し、レモン生産者と実需者、JAや市など関係機関、約20名が出席した。
研修会では、株式会社岡山直売所ネットワークの竹村代表を講師に、瀬戸内市のレモン導入の経緯や国産レモンの現状、世界のレモン産地や消費についての講演があった。
また、事前に準備した瀬戸内市産レモンの一次加工品の紹介、広島県等が販売している加工品の展示、及び試食を行った。
その後の意見交換では、「どのように加工しているのか」「観光とのタイアップなどはできないか」「生産量の確保はどうするのか」など生産者、実需者双方から発言が相次ぎ、瀬戸内市産レモンに対する期待の高さと安定生産が重要であることを再認識した。
今後、普及センターでは、瀬戸内市産レモンの安定生産とブランド化に向けて、部会、関係機関と連携して推進していく。
加工品の事例展示と紹介
加工品の事例展示と紹介

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【果樹】瀬戸内市産レモンのブランド化を目指せ!(3月5日)