ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 「被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。」被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナーを開催します。

「被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。」被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナーを開催します。

 平成30年7月豪雨災害に際し、倉敷市真備町において支援活動を行っている方々の事例を学ぶとともに、今後発生する災害に備えて、行政など関係機関、民間支援団体及びボランティアなどの連携を強化するため、「災害支援ネットワークおかやま」との共催により、次のとおり交流セミナーを開催します。

日時

平成31年3月2日(土曜日)14時00分~17時00分

場所

瀬戸内市保健福祉センター ゆめトピア長船 リフレッシュスタジオ(瀬戸内市長船町土師277-4)

内容

事例報告、交流会(事例等詳細は次のとおり)

○「同じ岡山に暮らす子どもを持つ母親としてできることはないか」
  ボウズ 満恵 氏(サンサポートオカヤマ)
○「各世代に配慮した避難所支援」
  辛嶋 友香里 氏(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)
○「学生たちの支援の力を引き出す」
  野村 泰介 氏(一般社団法人SGSG)
○交流会について(3テーマごとのワーク)
 (1) 避難所運営 (2) 親子支援 (3) 中高生支援

対象

今後の災害支援について関心のある行政、NPO、企業、専門家、各種団体、一般県民 など

参加費

無料

交流セミナーに係る申込み・問合せ先(申込方法は別添チラシ参照)

特定非営利活動法人岡山NPOセンター
 電話:086-224-0995
 Fax:086-224-0997
 E-mail:npokayama@gmail.com

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 「被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。」被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナーを開催します。