ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 河川課 平成30年7月豪雨等におけるダム洪水調節効果

平成30年7月豪雨等におけるダム洪水調節効果

平成30年7月豪雨

ダムの洪水調節効果(土木部所管ダム)

千屋ダム(新見市)の洪水調節効果(下流の水位低減)です。詳細およびその他のダムについては、下記の添付資料をご確認ください。
千屋ダムの洪水調節効果(下流の水位低減)

土木部所管ダムおよび中国電力管理ダムの効果(県災害検証委員会)

台風第24号(平成30年9月30日~10月1日)

台風第24号におけるダムの適応操作

ダムの適応操作とは、通常の洪水調節(ダムへの貯留)に加えて行う特別な放流操作です。
ダムに洪水を貯留する余裕がある場合には、ダム下流のさらなる被害軽減を目的に、規則で定められているよりも放流量を減らして、ダムへの貯留を行うことです。
(いつでもできる操作ではなく、下流状況や降雨状況等により判断し、行うものです。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 河川課 平成30年7月豪雨等におけるダム洪水調節効果