ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 労働雇用政策課 オンライン面接導入企業について

オンライン面接導入企業について

オンライン面接導入企業について

 岡山県では、岡山県出身者等の県内企業への就職を促進するため、オンライン面接を導入している企業を紹介しています。

1 オンライン面接とは

 オンライン面接とは、インターネット環境を利用し、パソコンやスマートフォン等からテレビ電話のように面接を行うことができるものです。
 就職活動で面接を受けるには、面接会場への移動時間や移動に係る費用がかかりますが、オンライン面接では、自宅や大学など好きな場所から面
接を受けることができ、時間や費用の負担が軽減できます。
 なお、「オンライン面接」の他にも「Web面接」などの名称で呼ばれることもあります。

<参考>
 2019年卒業予定の全国大学4年生及び大学院2年生を対象にした調査では、3月~7月までの就職活動にかかる費用の平均は約11万円で、
このうち移動に伴う旅費や宿泊費は、約8万5千円と大きな割合を占めています。

※出展:2019年卒マイナビ学生就職モニター調査 3月~7月の活動状況

2 オンライン面接のイメージ

オンライン面接のイメージ

3 オンライン面接を受ける場合の注意点

 オンライン面接を受ける場合には、次の点に注意してください。また、事前に接続状況のテストができる場合には、必ず確認しておきましょう。

 ○通信環境が安定している場所で面接を受けましょう。
   通信環境が悪いと面接中に接続が切れる場合があります。有線Lanなど安定した通信環境が確保できる場所を探しておきましょう。
   また、万が一、接続できない場合や面接中に接続が切れた場合に備え、企業の連絡先なども確認しておきましょう。
 ○スマートフォンやタブレット端末等を利用する場合には、必ず固定して面接を受けましょう。また、固定する際の角度にも気を付けましょう。
   手に持ちながら面接を受けると、面接官側から見て画面が揺れたり、見下ろして見えたり、姿勢が悪く見えるなど、面接官に悪い印象を与え
  ます。
 ○面接は、静かで面接官に見られても大丈夫な場所で受けましょう。
   野外やオープンスペースでは、周囲の音が面接官側に聞こえていたり、自宅では、背景に見られて困るものが写り込む場合がありますので、
  面接を受ける場所にも注意が必要です。
 ○スマートフォンやパソコンなどの設定に注意しましょう。
   面接中にメール等を受信した場合に、着信音が鳴ると面接官にも聞こえますので、面接を受ける場合には、必ず消音設定にしておきましょう。
 ○目線に注意しましょう。
   オンライン面接では、対面の面接と違い、相手の顔を見るのではなく、カメラを見て話すようにしましょう。
   画面の顔を見ていると、カメラの位置によっては、面接官にメモを見ながら話しているように見える場合があります。
   また対面のコミュニケーションよりも「間」が持ちにくいこと、表情の変化が伝わりづらいため、事前の質問準備や、通常より笑顔を心掛け
  ることなどを意識しましょう。
 ○必要に応じてマイク付きイヤホン等を利用しましょう。
   利用しているデバイスによっては、面接官の質問が聞き取りづらい、また、こちらの声が届きにくい場合がありますので、マイク付きイヤホ
  ンを利用しましょう。

4 オンライン面接を導入している県内企業

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 産業労働部 労働雇用政策課 オンライン面接導入企業について