ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【農商工連携・6次産業化】備前地域で「6次産業化初心者講座」を開催(9月6日)

【農商工連携・6次産業化】備前地域で「6次産業化初心者講座」を開催(9月6日)

 備前広域農業普及指導センターは、新たに6次産業化に取り組もうとする意欲的な農 業者を対象にした「6次産業化初心者講座【備前版】vol.2」(3回講座)の1回目を9月6日(木曜日)に(一社)岡山県農業開発研究所で開講した。
 この講座は、昨年に続く2回目の開催で、基礎的な加工技術や正しい値決めの方法、商談のポイント等6次産業化の基礎を学ぶことを目的に企画し、備前地域の各市町やJAの広報誌等で7月から受講者を募集したところ、25名の応募があった。
 今回の講座のテーマは、「6次化商品を作ってみるセミナー」で、午前の部は「6次化とは」について岡山県農林水産総合センター職員からと「商品を作るための基礎知識」について岡山県農業開発研究所の職員から講義が行われた。
午後の部は、「モモのジャム」と「モモのゼリー菓子」の加工実習を研究所職員の指導で行った。
参加者のほとんどは、農産加工は初めてであり、メモを取りながら熱心に聞き、また 加工実習ではモモ割機でモモを割って種を取る作業等を慣れない手つきで行っていたが、最後にジャムやゼリー菓子が出来上がると、参加者からは「意外に簡単だった」「すぐに商品が作れそう」等言葉が聞かれた。
 次回は10月9日に備前県民局会議室で「儲かる農業に欠かせない正しい値決めがわかるセミナー」と題して開催する予定である。
加工実習に真剣に取り組む参加者
加工実習に真剣に取り組む参加者
〇関連事業
・6次産業化推進による地域創造等の支援事業
・備前地区農業・農村振興協議会事業

トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 【農商工連携・6次産業化】備前地域で「6次産業化初心者講座」を開催(9月6日)