ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 難病医療提供体制の推進

難病医療提供体制の推進

岡山県における難病医療提供体制の推進

これまで難病医療提供体制は、重症難病患者の入院施設の円滑な確保を目的としていましたが、難病の患者に対する医療等に関する法律(平成26年法律第50号)に基づく「難病対策基本指針」が平成27年秋に国から示されたことから、難病の多様性・希少性などの特性を踏まえた体制が求められることとなりました。
このため、難病の早期診断・身近で適切な疾病管理、良質な療養生活の確保を目的に加えた、新たな難病医療提供体制を整備することとし、本年6月1日に「難病診療連携拠点病院(以下「拠点病院」という。)」及び「難病医療協力病院(以下「協力病院」という。)」を指定しました。
今後は拠点病院及び協力病院を中心に難病医療ネットワークを再構築し、難病の早期診断から地域での療養生活まで患者を支える体制の充実を図っていきます。

拠点病院

(1)指定した病院(1病院)
   ・岡山大学病院
(2)主な役割
   ・医師対象の難病専門相談窓口の設置
   ・難病全般の集学的治療、遺伝子関連検査の体制整備
   ・難病診療に関する情報収集、難病研修会の開催等

協力病院

(1)指定した病院(16病院)
 (県南東部)
   ・岡山済生会総合病院(岡山市)
   ・岡山市立市民病院(岡山市)
   ・岡山赤十字病院(岡山市)
   ・岡山博愛会病院(岡山市)
   ・川崎医科大学総合医療センター(岡山市)
   ・光生病院(岡山市)
   ・国立病院機構岡山医療センター(岡山市)
 (県南西部)
   ・川崎医科大学附属病院(倉敷市)
   ・倉敷スイートホスピタル(倉敷市)
   ・倉敷成人病センター(倉敷市)
   ・国立病院機構南岡山医療センター(早島町)
   ・しげい病院(倉敷市)
 (高梁・新見)
   ・高梁中央病院(高梁市)
 (真庭)
   ・落合病院(真庭市)
 (津山・勝英)
   ・津山中央病院(津山市)
(2)主な役割
   ・主要な難病の診断、標準治療
   ・拠点病院と連携し、難病患者の受入と診断可能な医療機関への相談・紹介等
   
   

平成30年度岡山県難病診療連携拠点病院研修会の開催について

岡山県内には2万人近くの難病患者さんがいらっしゃいます。
難病は多様性・稀少性であることから、早期診断が困難で、遠方の医療機関を利用されている方も多い状況です。
難病の早期診断、身近な医療機関での適切な疾病管理や良質な療養生活をめざし、研修会を開催いたします。

・開催日時 平成30年10月25日(木曜日)13時30分~16時00分(受付13時~)
・会場   Junko Fukutake Hall(Jホール)<岡山大学鹿田キャンパス内>岡山市北区鹿田町2丁目5-1
・定員   200名
・対象   医師等(医療従事者のみ)

研修内容

13時00分 受付
13時30分 開会挨拶
      岡山大学病院脳神経内科 教授 阿部康二
      岡山県保健福祉部医薬安全課 課長 小寺正樹
      情報提供 医薬安全課「これからの岡山県の難病対策」

13時50分~14時30分
      講義(1)「炎症性腸疾患治療のUp to date ~増え行く患者さんと治療 今後の対応は?」
          岡山大学病院 消化器内科 助教 平岡佐規子
14時30分~15時10分
      講義(2)「膠原病の診断」
          岡山大学病院 膠原病内科 准教授 佐田憲映
(休憩10分)
15時20分~16時00分
      講義(3)「パーキンソン病の診断と治療」
          岡山大学病院 脳神経内科 助教 武本麻美
16時00分 閉会
  
問い合わせ先 岡山大学病院医事課 電話086-235-7581
申込期限   平成30年10月10日(水曜日)ただし、定員になり次第締め切ります。また、申し込みが多い場合には調整させていただきます。

申し込み先  岡山大学病院医事課 Fax086-235-7613 研修会申込書を利用の上、お申し込みください。

※専用の駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 難病医療提供体制の推進