ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 地域農業をリードする農業士会が経営研修を開催

地域農業をリードする農業士会が経営研修を開催

1 赤磐市東軽部、山口

2 内容
東備地方農業士会は、8月23日、赤磐市で、「経営研修会・農業後継者等交流会」を開催した。農業士間の相互訪問研修に地域の担い手や6次化志向の農業者が参加したもので、農業士や地域農業の担い手、関係者等31名が集まり、雄町米の大規模稲作営農と米粉やもち玄米、ドライフルーツを核にした6次産業化への取り組みについて研修し、意見交換を行った。
 大規模稲作では、雄町米産地育成にかける熱い思いを伺った後、ドローンによる農薬散布の実演も行い、「あっという間に終わるんだ~!」と驚きの声が聞かれた。6次化経営では、品質重視のぶどう作りや安全安心なこだわりの米作り、加工場やイートインコーナーの設置など、生産から販売までの地道な取り組みの話が聞かれた。もち玄米グラノーラがトッピングされたアイスクリームの試食もあり、「美味しい!私の地域でもゴボウで何かしてみたい」と地域おこし協力隊からの声も聞かれた。
 普及指導センターとしては、引き続き農業士による様々な地域農業の担い手育成活動を支援し、地域農業活性化をコーディネートしていく。

3 特記事項・補足事項
参加者:農業士13名、集落営農組織代表者や担い手、6次化志向農業者、地域おこし協力隊等10名、関係者8名の計31名
ドローンによる農薬散布の説明
イートインコーナーにて意見交換

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 地域農業をリードする農業士会が経営研修を開催