ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 特定医療費(難病)の認定における寡婦控除等のみなし適用について

特定医療費(難病)の認定における寡婦控除等のみなし適用について

特定医療費(難病)について、寡婦(寡夫)控除のみなし適用が実施されます

平成30年9月1日から、難病法に基づく特定医療費の自己負担上限額の決定に当たり、「寡婦(寡夫)控除のみなし適用」が実施されます。
詳しくは下記のリーフレットをお読みください。
申請される場合は、必要書類を準備いただいて、各保健所・支所で手続きを行ってください。

申請に必要な書類

以下のものが必要になります。
(1)戸籍謄本または戸籍抄本
(※戸籍抄本は婚姻歴と親子関係がわかるもの。)
(2)住民票
(※世帯全員分・申請日から3か月以内に発行されたもの)
寡婦控除等のみなし適用は、新たに支給申請をする場合や、既にお持ちの受給者証の認定内容を変更する場合に、併せて申請いただくものです。
新たに支給申請をする場合、既にお持ちの受給者証の認定内容を変更する場合の申請手続き等については、下記リンク先を参照ください。

更新手続き時に引き続き寡婦控除等のみなし適用を希望される場合

すでに寡婦控除等のみなし適用が認定となっている方で、受給者証の更新手続き時に引き続き寡婦控除等のみなし適用を希望される場合は、戸籍謄本(戸籍抄本)の代わりに誓約書を提出してください。

お問い合わせ先

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 特定医療費(難病)の認定における寡婦控除等のみなし適用について