ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 農業研究所 【メディア情報】平成30年8月8日 農業研究所で開発した「シャインマスカットの結実安定のための花穂整形方法」が日本農業新聞で紹介されました

【メディア情報】平成30年8月8日 農業研究所で開発した「シャインマスカットの結実安定のための花穂整形方法」が日本農業新聞で紹介されました

今回新聞で紹介している内容は、「シャインマスカット」のハウス栽培で花穂先端長を3~3.5cmに整形すると、結実率が高くなり、良好な房作りが可能になるというものです。
生産現場ではこれまで、花穂先端部を長く残すことで、開花期の天候不順による結実不良に対応してきましたが、この試験で、花穂先端を短くしても十分な結実数を確保できるうえ、形の整った房を作れることが分かりました。

今回新聞で紹介された、「シャインマスカット」の花穂整形方法情報は農業研究所HPで見ることが出来ます。
また、今回の記事とは別に、「シャインマスカット」の糖度上昇に関する情報も見ることが出来ます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 農業研究所 【メディア情報】平成30年8月8日 農業研究所で開発した「シャインマスカットの結実安定のための花穂整形方法」が日本農業新聞で紹介されました