ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 河川課 危機管理型水位計の運用を開始しました

危機管理型水位計の運用を開始しました

危機管理型水位計の運用開始

 岡山県では、よりきめ細やかな河川水位を把握できるように、従来型水位計の整備に加え、危機管理型水位計も活用することとしています。
 水位が概ね10cm以上ある場合は、10分間隔の常時観測を行います。

河川水位の取得方法

 観測した水位情報は、国や全国の自治体で共同運用している専用サイト「川の水位情報」からインターネットを通じて、どなたでも閲覧していただけます。
パソコンやスマートフォン等で「川の水位情報」と検索していただくか、下記URLにアクセスしてください。
【川の水位情報】
URL:https://k.river.go.jp/

川の水位情報(危機管理型水位計システム)

 システムは直感的な操作が可能で、簡単にご利用いただけます。
次の画像は、岡山県で運用をしている二級河川小田川・下村川での画面イメージと設置状況写真です。
システムイメージ1月2日
システムイメージ2月2日

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 河川課 危機管理型水位計の運用を開始しました