ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 平成30年7月豪雨による被災に伴う国民健康保険及び後期高齢者医療制度の取扱いについて

平成30年7月豪雨による被災に伴う国民健康保険及び後期高齢者医療制度の取扱いについて

平成30年7月豪雨による被災に伴う国民健康保険・後期高齢者医療制度の取扱いについては、次のとおりとなりますので、内容をご確認ください。

厚生労働省からの通知等

1 保険証がなくても医療機関等を受診できます。

 
 被災に伴い、保険証を紛失または自宅等に残して避難している方は、次の事項を医療機関等にお伝え頂ければ、保険証がなくても保険医療を受けることができます。
[1]氏名
[2]生年月日
[3]電話番号等(連絡先)
[4]住所等(※)

   ※国民健康保険の場合は住所、国保組合の場合は住所及び組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所

2 窓口負担が免除されます。

【平成30年7月豪雨で被災された皆様へ】一定の条件に該当する場合、医療機関などで診療を受ける際の一部負担金等の支払いが免除されます。

平成30年7月豪雨で被災された方が、医療機関などで診療を受ける際に、医療機関等の窓口で、次の1~5に該当する旨を申告することで、一部負担金の支払いが免除されます。

 

1.住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした旨

2.主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨

3. 主たる生計維持者の行方が不明である場合

4.主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した旨

5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

 

一部負担金の支払いが免除されるのは、次の保険者に加入されている方です。

 ・岡山県の市町村国保(災害救助法の適用市町村(*1))、岡山県医師国保組合、

  中四国薬剤師国保組合、岡山県建設国保組合、岡山県後期高齢者医療

    (*1)岡山市、倉敷市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、瀬戸内市、

    赤磐市、真庭市、浅口市、早島町、里庄町、鏡野町、西粟倉村、吉備中央町、

    矢掛町

 介護保険の利用料についても、同様の免除措置があります。

 この取扱いの期間は、平成30年10月末までの診療、調剤及び訪問看護です。

【参考資料】

保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます。 [PDFファイル/268KB]

【関係通知】

平成30年7月豪雨による被災者に係る一部負担金等の取扱いについて(国保・後期) [PDFファイル/278KB]

平成30年7月豪雨による被災者に係る一部負担金等の取扱いについて(国保・後期)その2 [PDFファイル/626KB]

 

【医療機関の方々へ】平成30年7月豪雨で被災された患者で一定の条件に該当する方の一部負担金等は、窓口で受けとる必要はありません。

 

平成30年7月豪雨に係る災害救助法の適用市町村に住所のある患者で一定の条件に該当する方について、平成30年10月末までの診療等に係る窓口での一部負担等の支払いを受けとる必要はありません。詳細は、以下の通知等をご確認ください。

【参考資料】

医療機関・薬局の方々へ [PDFファイル/164KB]

【関係通知】

平成30年7月豪雨による被災者に係る一部負担金等の取扱いについて [PDFファイル/278KB]

平成30年7月豪雨による被災者に係る一部負担金等の取扱いについて  その2 [PDFファイル/626KB]

3 保険診療関係等及び診療報酬の取扱い

その他リンク集

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 平成30年7月豪雨による被災に伴う国民健康保険及び後期高齢者医療制度の取扱いについて