ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 新たな発見・来て見てなっとく新見の農業

新たな発見・来て見てなっとく新見の農業

 新見地域農林漁業担い手育成対策協議会(事務局:新見農業普及指導センター)は、7月1日、新見地域就農オリエンテーションを開催し、県内外から6組10人(19歳から61歳までの夫婦、親子等)が参加した。
 トマト、りんどう、ぶどうの産地を訪問し、各ほ場で現在の栽培状況を見学した。また、各生産部会のリーダー、先輩新規参入者から産地概要、栽培品目の特徴、新見市での就農に至った経緯、研修期間中の苦労した点、現在の経営状況などを聞いた。
 参加者からは「夫婦二人での最低経営面積はどれくらいか」「資材費がいくらかかるのか」「自己資金はいくら必要か」などの質問が相次いだ。また、アンケートの結果「新見市が実施している短期体験研修を活用したい」「もっと新見市を知るためにも土日祝日で農業体験したい」と回答した参加者が3組あった。
 普及指導センターでは、引き続き、就農希望者に対して随時、相談対応を行い、新規就農につながるよう、生産組織や関係機関と連携をとりながら支援する。

写真:
りんどうのほ場で先輩新規参入者から説明のようす
りんどうのほ場で先輩新規参入者から説明

トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 新たな発見・来て見てなっとく新見の農業