ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 新見地方農村生活交流グループ協議会総会・リーダー研修会を開催

新見地方農村生活交流グループ協議会総会・リーダー研修会を開催

 4月25日、新見地方農村生活交流グループ協議会(会長:二摩久子、7グル-プ、39人)は総会・リーダー研修会を新見市草間公民館分館で開催し、19名が参加した。総会では地産地消や6次化活動、伝承活動の推進など、地域と連携して取り組むことが承認された。
 総会後、「草間のそば打ちを習おう」と題して研修会を開催し、地元産のそば粉を使ったそば打ちを実習した。さらに山菜の天ぷらやモモのシロップ漬けを使ったデザート作りなども行った。そば加工研究会の会員から、「草間に嫁に来たら、そば打ちを一番に習った。お客さんが来られたらそばを打ってもてなした。」など地域に根ざした食習慣について話があった。
 普及指導センターでは、郷土料理の伝承や新たな食材の利用方法の研究や加工活動を支援していく。

写真:
仁摩会長のあいさつ
そば打ち実習研修
仁摩会長のあいさつのようす
そば打ち実習のようす

トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 新見地方農村生活交流グループ協議会総会・リーダー研修会を開催