ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 新見市で農業体験研修頑張っています

新見市で農業体験研修頑張っています

 6月14日から新見市で長野県出身のご夫婦がぶどう栽培の農業体験研修に励んでいる。研修生は、今年1月と3月、新見市が独自で実施している「お試し暮らし支援事業」と「短期農業体験研修」を活用して、阿新農協ぶどう部会豊永支部長宅で研修を行い、今回の農業体験研修受講の運びとなった。
3人の受入農家が房づくりや粒間引きなどの指導を行っており、研修生は「一つひとつの作業が初めてで戸惑うことが多いが、作業内容を説明しながら指導してもらえるので理解しやすい」と話し、夫婦で頑張っている。
 普及指導センターでは、地域の生産者や関係機関と連携し、ほ場や空き家などの情報提供、先輩新規参入者や実務研修生等との交流や定期的な訪問による研修状況の確認を行い、就農につながるよう引き続き支援する。

※特記事項・補足事項
 短期農業体験研修はぶどう、トマト、りんどうの3品目で実施し、窓口が新見市農林(0867-72-6133)で随時実施している。
 お試し暮らし支援事業は、新見市が実施している移住を目的とした宿泊助成である。

写真は
 房づくりに挑戦する研修生
 先輩新規参入者のほ場での研修のようす
房づくりに挑戦する農業体験研修生
先輩新規就農者のほ場での研修

トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 新見市で農業体験研修頑張っています