ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 子ども家庭課 平成30年度「岡山県子どもを虐待から守る条例」行動計画等の公表について

平成30年度「岡山県子どもを虐待から守る条例」行動計画等の公表について

岡山県では、平成28年4月1日から施行された「岡山県子どもを虐待から守る条例」に基づき、県の機関が取り組むべき児童虐待防止施策に関する行動計画を毎年度策定しています。
この計画では、「児童は、適切な養育を受け、健やかな成長・発達や自立が図られること等を保障される権利を有する」という、児童福祉法の理念をふまえ、すべての子どもの人権が尊重され、子どもの「最善の利益」を優先し、健やかな成長を支えることができるよう、地域全体で子どもを育む気運を醸成するとともに、虐待の予防、早期発見・早期支援、自立支援までの一貫した取組により、虐待の連鎖を断つことを目指します。

行動計画の5つの柱

1 すべての子どもが安心して暮らせる環境づくり
2 子どもへの虐待の予防
3 子どもへの虐待の早期発見・早期対応
4 虐待を受けた子どもと家族への援助・指導及び支援
5 支援者の人材育成
行動計画の5つの柱

平成30年度 岡山県児童虐待防止対策行動計画

平成30年度の重点
 ○子どもへの虐待予防を強化
 ○市町村(要保護児童対策地域協議会)の虐待対応力強化
 ○児童相談所の専門性の強化
 ○県機関と市町村、医療機関等との連携強化
 〇社会的養育を必要とする子どもへの家庭的な養育環境の整備

平成29年度 岡山県児童虐待防止対策行動計画の実施状況

平成29年度の行動計画の取組状況については次のとおりです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 子ども家庭課 平成30年度「岡山県子どもを虐待から守る条例」行動計画等の公表について