ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 肝がん・重度肝硬変医療費助成事業

肝がん・重度肝硬変医療費助成事業

肝がん・重度肝硬変医療費助成事業

制度の概要

 B型肝炎ウイルス又はC型肝炎ウイルスを原因とする肝がんや重度肝硬変は、慢性肝炎、肝硬変を経て進行していくため、多くの患者さんは長期間にわたる療養により経済的な負担が大きくなります。
 こうしたことから、肝がんや重度肝硬変の治療の研究を促進するとともに、患者さんの経済的負担を軽減するため、肝がんや重度肝硬変の入院医療に係る医療費の助成制度を平成30年12月から開始しています。

○対象者

  肝炎ウイルスを原因とする肝がん又は重度肝硬変の入院医療を必要とし、次の項目の全てに該当する方が県に申請を行い、認定を受けた方が対象となります。

 (1)岡山県内に住所を有する方(住民票上の住所が岡山県内の方)。

 (2)各医療保険に加入している方又はその扶養家族の方。

 (3)下記の年齢区分に応じて、それぞれの階層区分に該当する方。

 
年 齢 区 分階 層 区 分
70歳未満の方医療保険者が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する方。
70歳以上75歳未満の方医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方。
75歳以上の方(注)後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方。

(注)65歳以上75歳未満の方で、後期高齢者医療制度に加入されている方も含みます。

○助成対象医療

  県が指定する指定医療機関で受けた肝がん又は重度肝硬変の入院医療(保険診療に限る)で、過去1年間に自己負担額が高額療養費の算定基準額を超えた月が3か月以上ある場合で、かつ当該月の入院医療費の自己負担額が高額療養費の算定基準額を超えた場合に助成を行います。

※過去一年間に自己負担額が高額療養費の算定基準額を超えた月が3か月以上あることが必要となりますので、参加者証の有効期間内の入院医療費全てが助成対象となるとは限りませんのでご注意下さい。

○指定医療機関

指定医療機関一覧(平成31年3月12日現在)

種類名称所在地電話番号
病院岡山赤十字病院岡山市北区青江2丁目1-1086-222-8811
病院岡山市立市民病院岡山市北区北長瀬表町3丁目20-1086-737-3000
病院光生病院岡山市北区厚生町3丁目8-35086-222-6806
病院岡山大学病院岡山市北区鹿田町2丁目5-1086-223-7151
病院国立病院機構岡山医療センター岡山市北区田益1711-1086-294-9911
病院川崎医科大学総合医療センター岡山市北区中山下2丁目6-1086-225-2111
病院岡山済生会総合病院岡山市北区国体町2-25086-252-2211
病院岡山協立病院岡山市中区赤坂本町8-10086-272-2121
病院岡村一心堂病院岡山市東区西大寺南2丁目1-7086-942-9919
病院佐藤病院岡山市南区築港栄町2-13086-263-6622
病院セントラルシティ病院岡山市南区築港栄町19-30086-264-3111
病院重井医学研究所附属病院岡山市南区山田2117086-282-5311
病院草加病院備前市西片上11220869-64-3811
病院倉敷市立市民病院倉敷市児島駅前2-39086-472-8111
病院松田病院倉敷市鶴形1丁目3-10086-422-3550
病院倉敷紀念病院倉敷市中島831086-465-0011
病院倉敷成人病センター倉敷市白楽町250086-422-2111
病院川崎医科大学附属病院倉敷市松島577086-462-1111
病院倉敷シテイ病院倉敷市児島阿津2丁目7-53086-472-7111
病院水島中央病院倉敷市水島青葉町4-5086-444-3311
病院水島協同病院倉敷市水島南春日町1-1086-444-3211
病院倉敷中央病院倉敷市美和1丁目1-1086-422-0210
病院児島聖康病院倉敷市児島下の町10-374086-472-7557
病院薬師寺慈恵病院総社市総社1丁目17-250866-92-0146
病院高梁市国民健康保険成羽病院高梁市成羽町下原3010866-42-3111
病院高梁中央病院高梁市南町530866-22-3636
病院石川病院津山市川崎554-50868-26-2188
病院中島病院津山市田町1220868-22-8251
病院津山中央病院津山市川崎17560868-21-8111
病院田尻病院美作市明見550-10868-72-0380
診療所岩藤胃腸科・外科・歯科クリニック岡山市東区瀬戸町沖343086-952-1166

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業実施要綱 [PDFファイル/227KB]

実施要綱別表 [PDFファイル/82KB]

制度チラシ [PDFファイル/569KB]

申請に必要な書類

○共通して必要な書類

(1)肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証交付申請書(以下「交付申請書」)

(2)臨床調査個人票及び同意書(更新及び転入の場合は不要です)

(3)肝がん重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票(以下「入院医療記録票」)の写し(転入の場合は不要です)

(4)同意書(国民健康保険加入者のみ・更新の場合は不要です)

(5)他県で交付された肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証(以下「参加者証」)(転入の場合のみ)

(6)既に交付された参加者証の写し(更新の場合のみ)

※(2)は個人票を指定医療機関の医師が、同意書を原則申請者本人がそれぞれ記入していることが必要です

(3)は申請月以前の12月以内に、指定医療機関において受けた肝がん・重度肝硬変入院医療の自己負担額が高額療養費算

定基準額を超えている月が既に3月以上あることが記載されている必要があります。

○上記以外に必要となる書類はこちらです。

新規・転入時の添付書類 [PDFファイル/49KB]

更新時の添付書類 [PDFファイル/64KB]

申請窓口

申請者の住所を管轄する保健所・支所窓口に提出してください。

窓口一覧
申請される方の住所保健所・支所名郵便番号所在地電話番号
岡山市岡山市保健所700-8546岡山市北区鹿田町1丁目1-1086-803-1262
倉敷市倉敷市保健所710-0834倉敷市笹沖170086-434-9810

玉野市、瀬戸内市、吉備中央町

備前保健所703-8278岡山市中区古京町1丁目1-17086-272-3934
赤磐市、備前市、和気町備前保健所東備支所709-0492和気郡和気町和気487-20869-92-5180
総社市、早島町備中保健所710-8530倉敷市羽島1083086-434-7024

笠岡市、浅口市、井原市、里庄町、矢掛町

備中保健所井笠支所714-8502笠岡市六番町2-50865-69-1735
高梁市備北保健所716-8585高梁落合町近似286-10866-21-2836
新見市備北保健所新見支所718-8550新見市高尾24000867-72-5691
真庭市、新庄村真庭保健所717-8501真庭市勝山5910867-44-2990
津山市、鏡野町、久米南町、美咲町美作保健所708-0051津山市椿高下1140868-23-0163
美作市、奈義町、勝央町、西粟倉村美作保健所勝英支所707-8585美作市入田291-20868-73-4054

 

助成対象として認定されると

 参加者証が交付されますので、入院治療を受けている指定医療機関の窓口へ、保険証と共に提示して下さい。

助成額

 高額療養費適用後の自己負担額のうち、月額1万円を超える部分について助成されます。

参加者証の有効期限

 原則、交付申請書を提出した日の属する月の初日から1年間。但し、必要と認められれば更新することが可能です。
 ただし、被用者保険に加入している住民税非課税世帯の方及び国保組合に加入している方は、毎年7月に市町村民税課税・非課税証明書を保険者に提出する必要があるため、新規申請時の有効期限が申請月の1日から1年以内の「7月末日」となりますのでご了承ください。

このような時は

(1)参加者証が交付されるまでの間に支払った医療費がある

 参加者証の交付には、申請から最短で1か月程度かかります。参加者証が届くまでの間に、助成の開始月(=申請月)から医療費を自己負担限度額(月額1万円)を超えて指定医療機関に支払った場合には、申請者は「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業医療費償還払い請求書」により請求することができます。その際、保険証及び参加者証の写しのほか、指定医療機関で交付された入院医療記録票の写し及び助成の開始月において受診した全ての指定医療機関が発行した領収書及び診療明細書(入院のみ)が必要となります。提出先は上記申請窓口です。

(2)参加者証の内容に変更がある

 氏名、住所、医療保険の種類に変更があったときは、変更があった箇所を交付申請書に記載し、参加者証と変更内容が確認できる書類を添えて上記申請窓口へ提出してください。なお、医療保険の種類に変更があった場合、所得区分を保険者へ照会する必要があるため所得区分を確認するための書類(限度額適用認定証又は住民税課税・非課税証明書類)も提出する必要があります。

(3)参加者証を紛失したとき

 紛失等の理由により参加者証の再交付を受けようとするときは、「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証再交付申請書」を上記申請窓口へ提出してください。

(4)認定要件に該当しなくなったとき

 参加者証交付申請時に同意した内容を撤回する、所得要件に該当しない等の理由により認定の要件に該当しなくなった場合は、「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加終了申請書」に参加者証を添えて上記申請窓口へ提出してください。

 

申請者向け様式集

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 肝がん・重度肝硬変医療費助成事業