ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

病虫研究室

病虫研究室

岡山県の農作物で発生している難防除病害虫の生態解明を行い、それに基づいた物理的、耕種的、生物的防除技術等の化学農薬を削減した環境にやさしい病害虫防除技術を確立します。
また、新規の農薬実用化委試験や、産地から持ち込まれた農作物の病虫害診断事業を実施し、現場の安定生産を支援しています。

1 環境保全型病害虫防除技術の開発

(1)施設ブドウのコナカイガラムシ類防除体系の確立

 クワコナ     ミナミキイロアザミウマとナスの被害     ブドウ晩腐病

 クワコナカイガラムシ        ミナミキイロアザミウマとナスの被害       ブドウ晩腐病

2 主要農作物の新防除薬剤の選定と防除法改善

(1)農作物主要病害虫の効率的防除薬剤の実用化試験
(2)マイナー作物等病害虫防除対策事業
(3)ブドウ房枯病に対する有効薬剤の検討

イネいもち病の被害  ブドウハダニ   根頭がんしゅ

      イネいもち病の被害         果樹や野菜の害虫ナミハダニ   ブドウ根頭がんしゅ病(被害 上矢印)

                                         防除薬剤の開発(下)

3 関連事業

(1)病害虫・生育障害の診断と対策指導
       

被害組織からの分離    顕微鏡による診断  診断の流れ

被害組織からの分離、培養による診断    電子顕微鏡による診断              病害虫診断の流れ

    

(2)病害虫発生予察事業(病害虫防除所)

水稲病害虫調査 予察灯 予察の目的

     水稲病害虫調査                   予察灯                  予察の目的

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)