ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高冷地研究室

高冷地研究室

 高冷地域における果樹、野菜、花きのブランド化を推進するため、地域の気象的、土壌的特性を活かし、消費者ニーズに対応した高品質で作りやすい県独自品種の育成や一層の高付加価値化、省力・低コスト化や地球温暖化に対応した新技術の開発を行っています。

1 果樹に関する試験

オーロラブラックの簡易被覆栽培 冬期の防寒対策 根の生育調査7

オーロラブラックの簡易被覆栽培       冬期の防寒対策            根の生育調査

2 野菜に関する試験

  (1)準高冷地ダイコンの多様なニーズに対応した品種選定と良品生産技術の確立

ダイコンの品種比較試験   夏秋トマトの高温障害対策  

   ダイコンの品種比較試験     夏秋トマトの高温障害対策     

3 花きに関する試験

  (2)木質バイオマスを利用した木質栽培床の効率的な製造方法の開発

リンドウの新品種育成  岡山リンドウ1号、2号 樹皮培地による連作障害の回避

      リンドウの新品種育成        岡山リンドウ1号、2号      樹皮培地によるリンドウの栽培

4 試験研究関連事業

  (1)病害虫発生予察事業

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)