ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

野菜・花研究室

野菜・花研究室

 野菜、花きのブランド推進、競争力強化のために、高品質なオリジナル品種を育成するとともに、県内外の優良品種の中から本県に適する品種を選定しています。
 また、生産者の収益性向上を念頭に置き生産安定、高品質化、低コスト化、省エネルギー化、地球温暖化に対応した新技術の開発に取り組んでいます。

1 特産野菜、花きの育成と選定

  (3)アスパラガスの優良品種選定と早期立茎による安定生産技術の開発
  (4)優良品種・系統の導入、選定(イチゴ)
  (5)白ネギの初夏どり栽培に適する晩抽性品種の選定

イチゴ系適 アスパラガス品種試験 岡山農研育成おかピー

        イチゴ新品種育成                  アスパラガスの品種選定   スイートピー新品種「おかピー」

2 主要野菜、花きの作型開発と生産安定

  (2)良果率向上によるトマト高品質・多収栽培管理技術の開発および実証
  (3)天敵温存植物を使った植生管理技術によるトバテン保護システムの確立
  (4)ブランドいちご生産技術の確立
  (5)ソルビタン脂肪酸エステル剤散布によるナス日焼け果防止技術の開発
  (6)UECSを利用した統合環境制御によるスイートピーの生産性の向上

ナス日焼け防止   トマト スイートピー

 ナスの日焼け果防止対策試験     夏秋トマトの放射状裂果対策試験  スイートピー落蕾防止試験

 

3 生物工学技術の利用

  (1)リンドウ優良親株の維持とクローン増殖

リンドウの培養  

       リンドウの培養                   

4 試験研究関連事業

  (1)バレイショ原種圃事業
  (2)特産作物遺伝資源管理(ジーンバンク)事業
       

バレイショ畑 万善カブ 土居分小菜

         種バレイショの栽培圃場              万善カブ(岡山の伝統野菜)    土居分小菜(岡山の伝統野菜)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)