ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

作物・経営研究室

作物・経営研究室

 本県産水稲、麦、大豆等のブランドを一層強化するため、高品質で作りやすい品種の育成・選定と高品質、省力、低コスト化技術の開発を行っています。また、水田農業の担い手に対応した効率的管理手法の解明、及び大規模実証を行っています。併せて、水稲、麦類、大豆の奨励品種等について、原原種の維持と原種の増殖及び供給を行っています。
 経営部門では、集落営農等の経営体の育成・発展やマーケッティング方策の確立に向けて研究を行っています。

1 品種育成と選定

(4)気候変動に強い地域適応性水稲品種の選定

「朝日」の難脱粒性NILの収穫損失評価    黒大豆の交配

「朝日」の難脱粒性NILの収穫損失評価     枝豆用黒大豆の新品種育成

自然脱粒、頭部損失、脱穀選別損失を調査   

水稲奨励品種決定調査   登熟期間のトンネル被覆

 水稲奨励品種決定調査         登熟期間のトンネル被覆

(主要農産物品種試験)  

2  高品質、省力、低コスト化技術対策

1)水田作に関する試験  
  (1)ブランド米「アケボノ」の安定多収生産技術の確立
  (2)水稲・麦類新除草剤実用化試験
  (3)実験農場における水田農業の総合的実証試験
2)畑・転換畑作に関する試験
  (1)大規模水田作経営に対応した効率的な麦作体系の確立
  (2)「おかやま黒まめ」のマルチ栽培と畦間潅水による安定栽培法の確立

 黒大豆のマルチ栽培 稲麦大規模実証

  黒大豆のマルチ栽培         省力的麦-稲体系の実証

3  農業経営改善対策

 勉強会 担い手の広域連携のイメージ

  広域連携に向けた勉強会      担い手の広域連携のイメージ 

4  試験研究関連事業

  (1)主要農作物原種圃事業(水稲、麦類、大豆)
  (2)特産作物資源保存・管理(ジーンバンク)事業

水稲原種圃の圃場審査 丹波系黒大豆「岡山系統1号」の原原種生産 小豆「夢大納言」の原種、原原種生産

 水稲原種圃の圃場審査      丹波系黒大豆「岡山系統1号」     小豆「夢大納言」の原種、

                       の原原種生産              原原種生産

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)