ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境研究室

環境研究室

 県内農産物のブランド力向上のため、良食味農産物を栽培するための肥培管理技術、鮮度保持技術を開発すると共に、消費者へ美味しさをPRする手法を検討しています。
 併せて安定生産・省力・低コスト化に繋がる技術開発、資源循環を推進しながら農耕地の地力及び環境保全機能を増進するための土壌管理技術を確立しています。

1 農産物の高付加価値化技術の開発

  (1)ブランド力向上を目指したキャベツの良食味安定生産のための施肥法の確立
  (3)ブランディングに向けた枝豆の味分析と鮮度保持技術の開発

  味覚センサ キャベツ栽培試験 HPLC

     味覚センサによる味分析     良食味キャベツ栽培試験        黒大豆枝豆の糖分析

2 安定生産・省力・低コスト化技術の開発

  (1)家畜ふん堆肥と肥効調節型肥料による新規肥料の製造とその利用法の開発
  (2)転作田等における飼料用トウモロコシの安定多収生産技術の開発
  (3)樹勢の客観的評価に基づく「おかやま夢白桃」の安定生産技術の確立
  (5)簡易栄養診断を活用し気象変動に対応できる水稲追肥判定指標の策定
  (6)マイナー作物等病害虫防除対策事業

混合堆肥複合肥料 夢白 GCMS

  混合堆肥複合肥料の製造    モモ樹勢の評価        マイナー作物の残留農薬分析          

3  事業

  (1)農地土壌炭素貯留等基礎調査事業
  (2)土壌に起因する生理障害の原因究明と対策
  (3)土壌機能実態モニタリング調査(県下主要産地の土壌実態調査)
  (4)農業用水調査事業

  土壌炭素分析 蛍光X線による診断 土壌断面調査

         土壌炭素分析          蛍光X線による生理障害診断   土壌断面調査

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)