ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 くらし安全安心課 高齢者の交通安全

高齢者の交通安全

高齢者交通安全県民運動

 高齢社会の進展等に伴い、高齢者が関係する交通事故が多発していることから、高齢者自身の交通安全意識の高揚と、県民の高齢者保護意識の普及啓発を推進し、高齢者の交通事故防止を図ります。

実施期間 

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

スローガン

  高齢の歩行者・自転車利用者向け  「光ります ルールとマナーと 反射材」

  高齢運転者向け          「無理をせぬ 老いの自覚が 防ぐ事故」  

重点目標

     1 高齢の歩行者・自転車利用者について

   ○  反射材用品、LEDライト等の活用の促進

   ○ 「高齢者交通安全5則」の徹底((1)まつ (2)みる (3)むりせず止まる (4)め立つ (5)もっと知る)

    ○ 高齢者の行動特性に基づいた保護・誘導活動及び指導の促進

2 高齢運転者について

   ○ 身体機能の変化に応じた運転行動の重要性の周知

   ○ 安全運転サポート車の普及啓発

 

チラシのダウンロード

高齢者県民運動チラシ

高齢者交通安全5則を実践しましょう

高齢者交通安全5則

    1. まつ ・・・・・・・・・・・・・・・・ つぎの安全をまつ
    2. みる ・・・・・・・・・・・・・・・・ 周囲の状況を見る
    3. むりせず止まる ・・・・・・・ 交差点などでは無理せず止まる
    4. め立つ ・・・・・・・・・・・・・・ 夜光反射材を着用して目立つ
    5. もっと知る ・・・・・・・・・・・ 自分の身体機能の変化をもっと知る
チラシ
チラシ

おかやま愛カード

 「おかやま愛カード」とは、運転免許証を自主的に返納等された県内に居住する65歳以上の高齢者の方の申請により、県警察が発行するカードで現在、4万人以上の高齢者の方が利用されています。

 ※詳しくはこちらへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 くらし安全安心課 高齢者の交通安全