ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 組合指導課 災害をうけた農業者が利用できる資金について

災害をうけた農業者が利用できる資金について

 台風や大雨等の災害により農業者が被災した場合、施設等の復旧や経営再建に活用できる資金は次のとおりです。

(1) 災害復旧・復興に直接対応する資金

農林漁業セーフティネット資金

 資 金 使 途 : 災害により被害を受けた経営の再建に必要な資金

 融資限度額 : (一般)600万円   (特認)年間経営費等の3分の12以内

 融 資 期 間 : 10年以内(うち据置期間3年以内)

 

農林漁業施設資金(災害復旧施設)

 資 金 使 途 : 災害を原因とする農林漁業施設の災害の復旧に必要な資金

 融資限度額 : 負担額の80% 又は 1施設あたり300万円(特例1施設あたり600万円)のいずれか低い額

 融 資 期 間 : 15年以内(うち据置期間3年以内)

 

※詳細は株式会社日本政策金融公庫にお尋ねください。

(2)災害復旧・復興に間接的に対応する資金

  災害復旧・復興を目的とする資金ではありませんが、内容によって活用することができます。

 ○農業経営基盤強化資金(スーパーL資金) [PDFファイル/124KB]

 ○経営体育成強化資金 [PDFファイル/120KB]

 ○農業近代化資金 [PDFファイル/135KB]

 ※詳しくは株式会社日本政策金融公庫、各農業協同組合等にお尋ねください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 組合指導課 災害をうけた農業者が利用できる資金について