ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 組合指導課 平成30年7月豪雨により災害を受けた農業者が利用できる資金について

平成30年7月豪雨により災害を受けた農業者が利用できる資金について

 平成30年7月豪雨により被災した農業者が、経営再建や施設等の復旧に活用できる資金は次のとおりです。

1 農業制度資金

次の資金については、国において、貸付利子を貸付当初5年間無利子化、実質無担保・無保証人での貸付を行います。

(1)災害復旧・復興に直接対応する資金

農林漁業セーフティネット資金

 資 金 使 途 : 災害により被害を受けた経営の再建に必要な資金

 融資限度額 : 1200万円   (特認)年間経営費等の12分の12以内

 融 資 期 間 : 10年以内(うち据置期間3年以内)

 ※集出荷施設が被災し、出荷が出来ないなど間接的に被害を受けた農林漁業者への貸付利子が

  貸付当初5年間実質無利子化されます。

  ○農林漁業セーフティネット資金 [PDFファイル/163KB]

 

農林漁業施設資金(災害復旧施設)

 資 金 使 途 : 災害を原因とする農林漁業施設の災害の復旧に必要な資金

 融資限度額 : 負担額の100% 又は 1施設あたり1200万円のいずれか低い額

 融 資 期 間 : 15年以内(うち据置期間3年以内)

 ○農林漁業施設資金(災害復旧施設) [PDFファイル/126KB]

 

※詳細は株式会社日本政策金融公庫にお尋ねください。

(2)災害復旧・復興に間接的に対応する資金

  災害復旧・復興を目的とする資金ではありませんが、内容によって活用することができます。

 ○農業経営基盤強化資金(スーパーL資金) [PDFファイル/124KB]

 ○経営体育成強化資金 [PDFファイル/120KB]

 ○農業近代化資金 [PDFファイル/135KB]

 ※詳しくは株式会社日本政策金融公庫、各農業協同組合等にお尋ねください。

 

2 特設資金

 農業経営の維持や再開のため緊急に要する資金について、県が農林中央金庫岡山支店、岡山県農業信用基金協会、市町村と連携して金利負担の軽減や保証料の助成を行います。
農業災害対策資金(JAトータルプラン(農業関連資金))

 資金使途 : 農業経営の維持や再開をするための一切の費用)

 融資機関 : 県内9農協

 貸付限度額 : 1,000万円

 貸付利率 : 各農協所定の金利(農林中央金庫から利子助成を受けられます。)

 貸付期間 : 5年以内(うち据置期間2年以内)

 保 証 料 : 無料(市町村が助成制度の導入を行わない場合は0.58%)

 取扱期間 : 平成30年8月10日~平成31年3月31日

 そ の 他 : 借入れには市町村が発行する被災証明書等が必要となります。

※詳しくは各農業協同組合にお尋ねください。

※県では、被災された農業者の融資相談窓口を8月3日から設置しています。

  設置場所   組合指導課内(電話番号:086-226-7418)
  受付時間   8時30分~17時15分(土・日・祝休日を除く)
  相談内容   利用可能な制度資金や支援制度の紹介など

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 組合指導課 平成30年7月豪雨により災害を受けた農業者が利用できる資金について