ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 諸局 人事委員会事務局 林業職からのメッセージ

林業職からのメッセージ

林業職の仕事

林業に関する知識・技術の普及指導、森林の保全・木材の需要拡大等の施策の企画、試験研究、治山事業などの専門的業務に従事します。

NEW!! 備中県民局農林水産事業部 森林整備課 竹内さん【入庁3年目】

1
2

 現在、私は森林土木業務を担当しています。

 自分が担当している業務を紹介しますと、災害等により被災した保安林の機能回復を図るため、植栽や下刈、本数調整伐の森林整備や、災害により荒廃した山地を復旧するための治山工事を行っています。

 私は、大学では、地球温暖化や公害防止といった林業とは異なる環境理工学を専攻していました。環境を守り、社会へ貢献できる仕事に就きたいと思う中で、大学のインターンシップで林業職を体験し、山を守り、育てることで地元へ貢献が出来、環境を守ることにもつながるやりがいのある仕事だと感じ、本職を志望しました。

 実際仕事をしてみて、地元の方へ工事について説明し、ご意見を聞き、工事を行っていく中で自分が守ろうとしているものは、何か、実感でき、やりがいを感じています。 

 また、仕事をする中で経験が浅く、判断が難しいこともありますが、上司が、親切丁寧に教えて下さるので安心して仕事が出来ています

 仕事について、文字だけではイメージがつかみにくいと思いますので、林業職へ興味のある方は、是非、説明会やインターンシップへ参加してみて下さい

備前県民局農林水産事業部森林整備課 石原さん【入庁2年目】

森林整備課(1)
森林整備課(2)

私は現在、森林土木事業(治山事業)の設計・監督業務を担当しています。

具体的には樹木の植栽、下刈り等の保育を行う「森林整備」や災害の未然防止のための「治山ダムの工事」を行っています。

現在、私が初めて設計した治山ダムの工事に取りかかっています。なかなか思い通りに進まないことや判断が難しいこともありますが、先輩職員が経験や知識を丁寧に教えてくださるので、安心して監督業務にあたっています。また、地元関係者の方の意見や工事請負者の方から工事に関する生の声を聞くことができるのも貴重な経験です。

治山施設を整備することで、今後何十年先も地域の方の安心安全な生活を支えられるよう、地元の方の声を大切にしながら責任感をもって仕事することを心掛けています。

このように幅広い経験や知識を学ぶことができる毎日に、とてもやりがいを感じています。

大学で林業をしっかり勉強した方でも飽きることなく仕事ができ、やりがいを感じられる職場だと思います。

また、時には仕事終わりに先輩や同期入庁の職員とお酒を飲みに行くなどリフレッシュをしています。

もちろん休日に限らず平日も自分の時間を作ることをできるので、釣りやスポーツジムなどに行って充実した日々を送っています。

皆さんも充実した日々を送りながら、岡山県をより生活しやすい土地にしていくために一緒に働きましょう!

農林水産部林政課 小林さん【入庁4年目】

ち
つ

もともと、大学で林業関係の事を学んだこともあり、公務員の林業職に就きたいと考えていました。

私は出身地も出身大学も他県のため、いくつかの自治体で悩んでいましたが、岡山県の仕事説明会に参加したときに業務内容の多様さや住みやすさに惹かれ、岡山県を志望しました。

現在私は、GISシステムに関する業務を担当しています。

具体的には、林業行政の根幹となる森林計画図、森林簿に調査結果を反映させる業務や、システム利用者が使いやすいと思える林務に関する機能の構築などの業務を行っています。

業務を通して専門的知識を習得でき、とてもやりがいを感じています。

ちなみに私は週末の休暇等を利用して車中泊をしながら一人旅をしています。

現地の特産物を食べ、観光地を巡ることで心身をリフレッシュするとともに、各県の素敵な情報を収集しています。

県外の出張もあり、他県の方々とお話をする機会が多いので、話のネタにもなり公私ともにプラスになっています。

美作県民局農林水産事業部森林整備課 中川さん【入庁28年目】

3

岡山県の3分の2は森林です。

この緑豊かな森林を適切に管理していれば、我々県民に限りない恵みを与えてくれます、放っておくと突然キバをむき、豪雨の時などには想像を超える被害をもたらします

この貴重な財産である岡山の森林を「伐って、使って、植えて、育てる」というサイクルで循環させ、未来永ごうまで継続させて行くのが私達、林業職の仕事です。

現在、私は森林土木業務を担当し、森林の持つ多面的機能の維持・増進を図るため、森林の整備治山ダム・地すべり防止工事などの設計・監督を行っています。

自分自身が設計した治山ダムなどが、その土地に残り、県民の皆さんに安心を与えられていると実感する時も多くあり、とてもやりがいを感じます。

私達と「森林」という素晴らしい環境の中で一緒に働いてみませんか!

備中県民局農林水産事業部森林企画課 増田さん【入庁17年目】

5

私は、林業職として入庁し、現在は出先機関で、間伐など森林を育成する作業に対する補助事業を主に担当しています。

林業職の仕事としては、このほかに、森林に関する計画の策定、木材の需要拡大、林業の担い手育成、森林で発生する病害虫の防除対策、林道や治山工事の設計・監督、森林の開発行為の許認可、鳥獣の保護管理…などの業務があります。

「森」、「林」、「木」や「山」の字が付くことなら、業務に関係するといえるかもしれません。

写真のように、自分の手で木を植えるようなことは滅多にありませんが、山の中で仕事をする機会は多いです。

文字だけではわかりづらいかと思います。

仕事説明会などの機会に職場の雰囲気を感じてみられてはいかがでしょうか。

農林水産部林政課 佐藤さん【入庁11年目】

7
8

現在の私の仕事は、岡山県の森林資源等の状況を把握するための調査と森林GIS(地理情報システム)の運用管理に関することです。

実際に山で森林の状況を調査して、森林の様々な情報を管理している森林GISに入力し、計画的な森林の整備に活用できるよう森林の基礎情報を管理・運営しています。

岡山県職員を志望した理由は、学生の時に専攻していた林業分野で、地元の岡山県の役に立てる仕事に就きたいと思ったからです。

採用前は、行政の中での林業の仕事内容が全く想像できませんでしたが、働いてみて一言で林業といっても幅広く様々な仕事があることや、技術職でも事務仕事量が多いなと感じました。

仕事で印象に残っていることは、入庁4年目の時、県南部で大雨による山地災害が発生し、その復旧工事を発注するため国に説明に行ったことです。

説明資料の作成や説明に苦戦し自分の力不足を感じましたが、工事が完成し災害現場が安全になった時は、住民の方々の安全・安心な暮らしが取り戻せたことで達成感がありました。

日々の業務には林業に関する幅広い知識と経験が必要になりますが、森林や林業に興味があり、岡山県の林業を元気にしていきたいと考えている方なら大丈夫です。

これからの岡山県の林業や地域のために一緒に働きましょう。

※所属については、掲載当時のものであるため、現在とは異なる場合があります。

トップページ 組織で探す 諸局 人事委員会事務局 林業職からのメッセージ