ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 特定医療費(指定難病)助成制度における指定医について

特定医療費(指定難病)助成制度における指定医について

 難病法に基づく制度では、医療費助成の申請を行う際に必要な診断書としての「臨床調査個人票」(以下「個人票」という。)の作成は、都道府県知事が指定した医師が行うこととなります。
 指定医には、「難病指定医」と「協力難病指定医」の2種類が設けられており、それぞれの役割は次のとおりです。
 
 難病指定医  :新規及び更新の支給認定のための個人票の作成が可能
 協力難病指定医:更新の支給認定のための個人票の作成のみ可能
 
(注1)医療費助成の対象となる特定医療は、指定医療機関の医師であれば指定医でなくても行えます。
(注2)指定医による個人票の記載は、専門分野に限定されるものではありません。 

申請をするときの個人票を書くことができる指定医一覧

○新規、更新申請の個人票を書くことができる指定医一覧
○更新申請の個人票を書くことができる協力難病指定医一覧
岡山市内の医療機関を主たる勤務地とする指定医については、平成30年4月1日以降は岡山市において指定を行っています。
岡山市内の指定医につきましては、こちらでご確認ください。

指定の要件

○難病指定医
  次のア、イのいずれかの要件を満たせば、難病指定医として申請することができます。
 
 ア 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、申請時点において、厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格を有していること。
 イ 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、都道府県が実施する研修を修了していること。
 
○協力難病指定医
  診断又は治療に5年以上従事した経験があり、次のテキストを確認し、質問に回答すること。

様式集

次の書類をダウンロードし、必要事項を記載の上、医薬安全課まで送付してください。
(注)平成30年4月1日以降、主たる勤務先の医療機関の所在地が岡山市にある場合は、岡山市の様式・提出先に従ってください。
   詳しくは、岡山市の担当課へお問い合わせください。

お知らせ

「自己負担額管理票の書き方等について」、「償還払(特定医療費支給申請書)の書き方等について」、「よくあるお問合せ」を次のリンク先に掲載しています。

岡山県難病指定医及び協力難病指定医指定要領

書類送付先・お問い合わせ先

〒700-8570
岡山市北区内山下2-4-6
 岡山県保健福祉部医薬安全課
 特定保健対策班

電話番号:086-226-7339

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 特定医療費(指定難病)助成制度における指定医について