ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 高校生が作った!米粉デザートの試食会を開催

高校生が作った!米粉デザートの試食会を開催

 11月13日、新見市哲西町、道の駅「鯉が窪」のレストランで、新見市米粉利用促進協議会が主催した米粉デザートの試食会が開催され、関係者18人が出席した。
今年度の総会で新見高等学校の生徒に米粉デザートの研究を依頼し、試食会が実現した。2人の生徒が加工体験室で50人分の「米粉パウンドケーキ」「チョコチップケーキ」を調理し、協議会員や一般利用者が試食し、アンケートを行った。
高校生がレシピを説明し、協議会員と感想や意見を交換した。「新見市産の旬の食材を入れたらどうか。」「家庭で食べるなら良いが、商品化するなら見た目など改善する必要がある。」といった意見があった。担当教諭からは「生徒が地域に出ていろいろな人と話をする場ができて良かった。学校も地域も元気になる。」と感想があった。
レストランでは11月13日から15日レストランバイキングで一般利用者に提供する。
普及指導センターでは、アンケート結果をまとめ、高校生やアクテイブ哲西と検討し、より進化したデザートとして提供していけるよう改善していく。

※参考
 新見市米粉利用促進協議会(会長:水上真一、事務局:(株)アクテイブ哲西)
 構成団体:(株)アクテイブ哲西、(株)すずらん食品、(株)きらり、こめ工房、新見商工会議所、阿哲商工会、備北保健所新見栄養改善協議会、阿新農業協同組合女性部、新見地方農村生活交流グループ協議会、岡山県立新見高等学校、新見市役所、阿新農業協同組合、新見農業普及指導センター、備北広域農業普及指導センター  14組織

トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 高校生が作った!米粉デザートの試食会を開催