ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 東備農業士会がもものシラップ漬けを消費者に伝授(9月5日)

東備農業士会がもものシラップ漬けを消費者に伝授(9月5日)

 東備地方農業士会は、9月2日に赤磐市西山公民館で、一般消費者を対象にもも(黄金桃)のシラップ漬け作りを伝授した。
 これは、公民館活動に賛同し、農業士活動の一環として組んでいる恒例の活動で、地域の特産果実を活用した加工品づくりを通して、消費拡大や地産地消、農業生産への理解を深めるとともに、地域活動に貢献することを目的に実施しているものである。
 当日参加した消費者12名に対して、農業士OB3名を含め9名が、果実の処理やビンの消毒をはじめとして加工技術を分かりやすく伝授した。参加者からは、「まあまあのものが出来た」、「勉強になった」、「加工すると、たくさんあっても長い間食べられるのでうれしい」などの声が聞かれた。
また、終了後には現役とOBが交流し、経営状況や農作物、農産加工品の紹介及び交換などを通して連携を深めた。
 普及指導センターは今後とも農業士活動を支援し、担い手育成や地域農業の活性化を図っていく。
作業の様子
作業の様子

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 東備農業士会がもものシラップ漬けを消費者に伝授(9月5日)