ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 東備地域産地づくり連絡協議会研修会を開催(8月21日)

東備地域産地づくり連絡協議会研修会を開催(8月21日)

 市町やJAで構成する東備地域産地づくり連絡協議会は8月21日に研修会を開催し、会員や関係者ら14名が出席した。
 今回の研修会では、高齢化が進んでいる地域農業の維持・発展に資することを目的に東備地域の水田農業の優良事例視察と情報交換を行った。
 最初に、和気町の(株)みつおか農園の白ねぎ出荷調整場を視察し、代表者の光岡盛樹氏から機械化による白ねぎ大規模栽培と調整作業について説明を受けた。
 続いて、赤磐市の(株)ファーム安井の乾燥調整施設を視察し、安井正社長からICTを活用した大規模稲作経営と消費者への差別化の一環として取り組んでいるカキ殻米の取組みについて説明を受けた。
 その後、JA岡山東瀬戸支店で岡山県農業研究所の育成したもも”PEH7号”の試食会を行うとともに、各市町とJA担当者が水田農業への取組状況について情報交換を行った。
 視察では機械化による優良事例についての理解が進み、ももの試食会ではPEH7号が大変高糖度で美味しいことが確認された。
 最後に、今後も協議会員が連携して特産米や野菜の推進、ももの新品種導入を進めていくことを申し合わせた。
和気町みつおか農園の白ねぎ調整を視察
赤磐市ファーム安井での研修

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 東備地域産地づくり連絡協議会研修会を開催(8月21日)