ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県内唯一の産地!紅ズイキ初出荷

 概要

 8月8日にJA岡山西紅ズイキ生産組合(4戸、22a)が岡山中央市場に初出荷した。出荷時期は、ほぼ昨年同様であるが、本年は生育が遅れており、本格出荷は8月中旬からで、9月末頃まで続く予定である。
 紅ズイキ(葉柄を食用とするサトイモの一種)は、関西では夏の伝統野菜として需要があり、県内では総社市が唯一の産地として出荷している。一方、栽培者が高齢化で減少しているため、JAと協力して新規栽培者募集のチラシ作成や講習会を実施し、1名の新規栽培希望者を確保した。
 今後も普及指導センターでは、JAと協力して新規栽培者の確保や栽培指導を行っていく。

紅ズイキ収穫の様子 JA岡山西紅ズイキ生産組合員
 

 

特記事項・補足事項

 RSK「笑味ちゃん天気予報」にて当生産組合が紹介される。
  放送日:8月17日(木曜日)18時50分~19時00分