ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物及び高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の処分期間内の早期処理について

高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物及び高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の処分期間内の早期処理について

 高濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及び廃棄物(以下「高濃度PCB廃棄物等」という。)については、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「PCB特措法」という。)により、その所有・保管事業者に対し、期限内に廃棄等することが求められています。
 岡山県内で保管等されている高濃度PCB廃棄物等の処理に当たっては、北九州市にある中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州PCB処理事業場で処理する必要があります。また、高濃度PCB廃棄物の種類によって処分期間が異なり、早いものでは平成30年3月31日が期限となっています。
 この度、改めて厚生労働省から通知があったところでもあり、各事業者におかれては、施設内に該当の機器が存在していないか今一度確認していただき、もし存在していた場合には、適正な処理をお願いします。

 高濃度PCB廃棄物等、PCB特措法については、下記の環境省WEBサイト、パンフレットを参照いただくか、下記担当部局までお尋ねください。

 岡山県環境文化部循環型社会推進課
  (電話)086-226-7308
<岡山市の区域>
 岡山市環境局産業廃棄物対策課
  (電話)086-803-1303
<倉敷市の区域>
 倉敷市環境リサイクル局リサイクル推進部産業廃棄物対策課
  (電話)086-426-3385

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物及び高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の処分期間内の早期処理について