ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ぶどう農家が営農団地を高評価!!

 平成29年7月12日に、ブドウの営農団地ほ場で対策チーム会議を開催した。
 この会議は、市、農協、普及指導センターの関係機関が連携して、営農団地への就農促進、栽培経営安定を目的に開催している。
 これまでに2回、4月と5月に開催しており、今回は「阿新農協ぶどう部会」や「農業委員」など地元農家を招いて開催した。参加した農家は、平坦で2ヘクタールのほ場の有利性や、土壌の柔らかさや排水の良さを確認した。「良いほ場ができている。是非とも多くの人に入ってもらい、ブドウ経営で成功して欲しい。」と新規参入を期待していた。
 今後、関係機関がさらに連携して、この条件の良い営農団地や新見の儲かるブドウ経営を紹介して、新規参入者を確保を進めていくことになった。

特記事項・補足事項
  営農団地の問い合わせ先:新見市産業部農林課(0867)72-6133

関連事業名
就農促進トータルサポート事業/農業実務研修事業
  中山間地域総合整備事業
  小規模土地改良事業

添付ファイルは
写真:営農団地を見る関係者
PDF:ブドウ用営農団地パンフレット
営農団地を見る関係者

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)