ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H29.7 加温ピオーネの出荷始まる

H29.7 加温ピオーネの出荷始まる

 7月4日、びほく農協ぶどう生産部会が高梁市宇治町の宇治高原農園で加温ピオーネの査定会を開催した。果粒の肥大、着色とも良く、糖度は十分で、10日からの出荷開始を決定した。
同部会は県下最大規模のピオーネ産地で、本年はぶどうの取扱量1600t、販売金額13億5千万円を目標としている。ピオーネは7月の加温ものを皮切りに12月まで大阪市場や岡山市場を中心に出荷される。
普及指導センターでは引き続き関係機関と連携し、ぶどうの品質向上に取り組む。
出荷査定会の様子
持ち寄り果実(Brix18.5度)

トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター H29.7 加温ピオーネの出荷始まる