ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 若手農業者による地産地消調理実習を実施(6月22日)

若手農業者による地産地消調理実習を実施(6月22日)

 東備地方新農業経営者クラブ連絡協議会と赤磐市農業経営者クラブ協議会は6月22日、6月23日に赤磐市立山陽小学校の5年生(52人)を対象に、クラブ員が栽培した野菜で地産地消調理実習を行った。この活動は、児童がクラブ員と交流することで農業への理解を深めてもらい、農産物を通して地域への愛着を持ってもらうことを目的に企画した。 
 児童達は、当日、クラブ員のアドバイスを受けながら、「なすピザ」と「黄ニラスープ」、「チンゲンサイとじゃこの炒め物」を調理し、「とてもおいしい」「家で作ってもらう」など満足した様子で食べていた。
 また、その後に、「赤磐市の農業を知ってもらうには」というテーマでワークショップを実施した。児童達は「農業体験!」「インスタで情報発信!」「アンケートをしよう!」など、大人顔負けの発表をしていた。
 参加したクラブ員は、「今後も継続していきたい。地域や農業のことを知ってもらい、将来の担い手や消費者の育成に繋がっていけば。」と手応えを感じていた。
調理実習の様子
ワークショップの様子

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 若手農業者による地産地消調理実習を実施(6月22日)