ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター ICTで良食味米を目指せ!自動施肥調節田植機で田植え実施(6月22日)

ICTで良食味米を目指せ!自動施肥調節田植機で田植え実施(6月22日)

 6月22日、大型米麦農家のほ場で、ほ場管理支援システム‘KSAS’と関連機器‘自動施肥調節田植機’を使った田植えが行われた。
 当日は、実施農家とシステム開発メーカー、全国農業改良普及支援協会、県関係者、JA岡山東、普及指導センターの担当者の計15名が参集した。普及指導センターからKSASシステムによる良食味米の生産を目指した施肥試験の概要を、メーカーから自動施肥調節田植機の機能をそれぞれ説明した後、実際に作業を行った。
 参加した作物担当普及員(新人研修中)からは、KSASシステムから送られる施肥量の指示を田植機が受信する仕組みや、良食味米の出荷基準等について積極的に質問が出された。
 普及指導センターでは、今後KSAS関連機器である‘PFコンバイン’を使った収量・品質の調査等を行い、ICTによる良食味米生産の技術確立を目指していく。
普及指導センターからの説明
田植機の説明を聞く様子
田植え作業の様子

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター ICTで良食味米を目指せ!自動施肥調節田植機で田植え実施(6月22日)