ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター JA岡山西夏秋なす生産組合で出荷が始まる!

JA岡山西夏秋なす生産組合で出荷が始まる!

 概要

 JA岡山西夏秋なす生産組合(55.5a、13戸)は、6月16日、JA岡山西総社西支店で出荷会議を開催し、6月19日から出荷が始まった。今年は、新規栽培者が3名増え、組合長から「当組合の品質は市場からも評価を得ている。新しい仲間も早く管理作業や出荷基準に慣れ、品質のよいなすを多く出荷ができるようにしていこう」と力強い挨拶があった。
 会議では、生産者が持ち寄ったなすを使い、規格や袋詰めのポイントを役員が説明した。また、栽培ほ場でも管理作業(整枝、誘引等)を役員等が実演し、出席者は真剣に確認していた。
 普及指導センターからは、ほ場巡回の状況や今後の夏秋なす栽培のポイントを説明した。今年は、6月前半がやや低温で少雨であったことから、昨年に比べ約1週間出荷が遅くなったが、現在の生育は順調である。
 今後、普及指導センターではJAと連携して、栽培技術の向上とタイムリーな情報提供を行い、品質維持と出荷量の増加を目指していく。 

夏秋なすの規格を生産者で確認 整枝、誘引作業を新規生産者に実演


トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター JA岡山西夏秋なす生産組合で出荷が始まる!