ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 環境管理課 第8次総量削減計画を策定しました

第8次総量削減計画を策定しました

第8次総量削減計画を策定しました

第8次総量削減計画

 水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)第4条の3及び瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和48年法律第110号)第12条の3第2項の規定により「第8次岡山県水質総量削減計画」を定めました。
平成29年6月27日

化学的酸素要求量、窒素含有量及びりん含有量にかかる総量規制基準

 水質総量削減計画に定められた削減目標量を達成するため、水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)第4条の5及び瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和48年法律第110号)第12条の3第2項の規定により「化学的酸素要求量、窒素含有量及びりん含有量にかかる総量規制基準」を定めています。

 県では、養殖ノリの色落ち等の課題を踏まえ、「豊かな瀬戸内海」の実現を目指すとした「瀬戸内海の環境の保全に関する岡山県計画(平成28年10月変更)」を踏まえて、湾・灘等ごと、季節ごとにおける課題に対応するため、必要最低限の下水処理場の管理運転が可能となるよう、総量規制基準のうち下水道業における窒素含有量及びりん含有量に係るものについて、次のとおり一部基準を緩和する見直しを行うこととしました。
 ただし、児島湖については更なる水質改善が必要であるため、児島湖流域に放流するものについては変更しません。
(1)基準の施行日
   平成29年9月1日
(2)見直しの内容
窒素含有量に係る総量規制基準新旧対照表

窒素含有量に係る総量規制基準

 1~4 略

別表

整理番号2~208 略

整理

番号

業種その他の区分

窒素含有量

(mg/L)

備考

(1)

(2)

209

下水道業

25

20

(1)湖沼水質保全特別措置法(昭和59年法律第61号)第3条第2項の指定地域(以下「湖沼法指定地域」という。)において下水を処理するもの((2)に該当するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,20,10とする。

(2)湖沼法指定地域において標準活性汚泥法その他これと同程度に下水中の窒素を除去することができる方法より高度に下水中の窒素を除去することができる方法により下水を処理するもの(高濃度の窒素を含有する汚水を多量に受け入れて処理するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,10,10とする。

(3)湖沼法指定地域以外の地域において標準活性汚泥法その他これと同程度に下水中の窒素を除去することができる方法より高度に下水中の窒素を除去することができる方法により下水を処理するもの(高濃度の窒素を含有する汚水を多量に受け入れて処理するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,15,15とする。

 

整理番号210~232 略

 

窒素含有量に係る総量規制基準

 1~4 略

別表

整理番号2~208 略

整理

番号

業種その他の区分

窒素含有量

(mg/L)

備考

(1)

(2)

209

下水道業

20

10

標準活性汚泥法その他これと同程度に下水中の窒素を除去できる方法より高度に下水中の窒素を除去できる方法により下水を処理するもの(高濃度の窒素を含有する汚水を多量に受け入れて処理するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,10,10とする。

 

整理番号210~232 略

 

りん含有量に係る総量規制基準新旧対照表

りん含有量に係る総量規制基準

 1~4 略

別表

整理番号2~208 略

整理

番号

業種その他の区分

りん含有量

(mg/L)

備考

(1)

(2)

209

下水道業

3

2

(1)湖沼水質保全特別措置法(昭和59年法律第61号)第3条第2項の指定地域(以下「湖沼法指定地域」という。)において下水を処理するもの((2)に該当するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,2,1とする。

(2)湖沼法指定地域において標準活性汚泥法その他これと同程度に下水中のりんを除去することができる方法より高度に下水中のりんを除去することができる方法により下水を処理するもの(高濃度のりんを含有する汚水を多量に受け入れて処理するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,1,1とする。

(3)湖沼法指定地域以外の地域において標準活性汚泥法その他これと同程度に下水中のりんを除去することができる方法より高度に下水中のりんを除去することができる方法により下水を処理するもの(高濃度のりんを含有する汚水を多量に受け入れて処理するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い,1.5,1とする。

 

整理番号210~232 略

 

りん含有量に係る総量規制基準

 1~4 略

別表

整理番号2~208 略

整理

番号

業種その他の区分

りん含有量

(mg/L)

備考

(1)

(2)

209

下水道業

2

1

標準活性汚泥法その他これと同程度に下水中のりんを除去できる方法より高度に下水中のりんを除去できる方法により下水を処理するもの(高濃度のりんを含有する汚水を多量に受け入れて処理するものを除く。)にあっては,第3欄の値は,それぞれ同欄の順序に従い1,1とする。

 

整理番号210~232 略

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 環境管理課 第8次総量削減計画を策定しました