ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 鉄コーティング湛水直播栽培への挑戦で集落営農組織の活動気運高まる(6月5日)

鉄コーティング湛水直播栽培への挑戦で集落営農組織の活動気運高まる(6月5日)

 6月4日、さくら営農組合が初めて鉄コーティング湛水直播栽培の播種作業を行った。同組合は平成28年1月30日に設立された任意組合で、役員が提案して省力化を目的に試作することになった。
 当日は、組合員12名とメーカー、JA岡山東、普及指導センターの担当者各1名が参集した。参集者は、乗用播種機で播種と同時に施肥・殺虫殺菌剤・除草剤を散布する様子をスマートフォンで撮影したり、播種後の籾の落ち具合を確かめるなど熱心であった。また、ベテランの組合員からは「今後の生育がうまく進むならば機械の購入を考えたい」、30代の若い組合員からは「これからはどんどん新しい技術を取り入れていかなくてはいけない」などの声があがった。
 普及指導センターでは、今後も技術の定着や集落営農組織としてのさらなる展開を目指し、活動を支援していく。
 

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 鉄コーティング湛水直播栽培への挑戦で集落営農組織の活動気運高まる(6月5日)