ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

届出が必要なペットもいます

 鳥インフルエンザについては毎年テレビ報道もされ、皆さんも御承知のとおりですが、家畜を取り巻く伝染病には、農家の存亡に危機をもたらすもの、人に感染するものまで多数あります。
 そこで、家畜伝染病予防法では、たとえ本人にとってはその動物がペットであったとしても、特定の動物については毎年その飼養状況を報告していただき、伝染病の拡散予防対策としています。
 また、そのペットの数が決められた頭羽数以上であれば、飼養衛生管理基準を守っていただき、その状況報告をしていただくこととしております。

1 対象動物

 衛生管理基準を遵守すべき対象動物は次のとおりです。
 1 鳥類以外:牛、豚(ミニ豚を含む)、馬、水牛、鹿、めん羊、山羊、いのしし
 2 鳥類   :鶏、愛玩鶏、あひる、きじ、ほろほろ鳥、うずら、だちょう、七面鳥
         ※愛玩鶏とはチャボ、烏骨鶏、軍鶏(シャモ)、アローカナ等のことです。

2 届出内容

 1 毎年2月1日時点の所有動物種と頭羽数
 2 毎年2月1日時点の飼養衛生管理基準の遵守状況(規定頭羽数を超える場合)

3 規定頭羽数

 所有されている動物がペットでも、次の頭羽数を超えていれば前述のとおり、その管理状況を報告していただきます。 

 1 牛・水牛・馬  1頭
 2 鹿・めん羊・山羊・豚・いのしし  6頭未満
 3 鶏・あひる・うずら・きじ・ほろほろ鳥・七面鳥 100羽未満 
 4 だちょう 10羽未満

4 提出書類

 1 定期報告書

 1)基本情報(所有者住所・氏名・管理者等及び動物の種類・頭羽数等)
   (1)と(2)~(6)の中から所有される動物の様式(該当する種類が複数の場合はその全て)を選んでください。

  (1)全戸対象(動物種毎の畜舎数が必要ですので御注意ください)
  (2)牛用
  (3)豚用
  (4)鳥用
  (5)馬・めん羊・山羊用(品種毎の頭数が必要です)
  (6)その他・愛玩用
 2)定期報告書の添付書類 
  (7)全戸対象(以前報告いただいている内容に変更がある場合は必ず連絡ください)
  

 2 飼養衛生管理基準の遵守状況報告書

  (9)牛、水牛、鹿、めん羊及び山羊用
  (10)豚及びいのしし用
  (11)鳥類(鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥)用
  (12)馬用
  

5 提出期限

 国が定めた期限では年度をまたぐことになり、県では職員の入替等がありますので、勝手ではありますが2月中の提出をお願いしております。

6 家畜保健衛生所職員の立入検査

 飼養衛生管理基準の遵守状況については、家畜の所有者による定期報告の他に、都道府県の家畜保健衛生所の立入検査により確認しています。

7 その他

飼養衛生管理基準の遵守状況については、家畜の 規定頭羽数を超える方々の所へは家畜保健衛生所職員が立入検査によりその飼養状況を確認させていただいております。
 新規所有予定の方で、規定頭羽数を超える場合は予定日が決まり次第、家畜保健衛生所へ御連絡ください。  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)