ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 高梁家畜保健衛生所 家畜を飼っている方は毎年2月1日時点の届出をお願いします

家畜を飼っている方は毎年2月1日時点の届出をお願いします

 家畜の病気の発生やまん延を防ぐため、平成23年に家畜伝染病予防法が改正され、家畜などの動物を所有(飼育)する方は、毎年2月1日現在の飼育頭羽数等を県知事に報告することとなりました。

1 対象家畜

 牛、豚(ミニブタ)、馬、水牛、鹿、めん羊、山羊、いのしし
 鶏、あひる(アイガモ)、きじ、ほろほろ鳥、うずら、だちょう、七面鳥
 ※鶏にはチャボ、烏骨鶏、シャモ、アローカナ等が含まれます。

2 届出内容

1) 家畜所有者の氏名、住所、飼育場所
2) 毎年2月1日時点に飼育している家畜の種類と飼養頭羽数
3) 農場図面、埋却地の確保状況等
4) 飼養衛生管理基準の遵守状況

3 提出書類

 1) 定期報告書

 (1)定期報告書(所有者住所・氏名・管理者及び畜舎数等)
   A-1:全戸対象(家畜種毎の畜舎数が必要ですので御注意ください)
 (2)別紙(家畜の種類及び頭数)
   A-2の様式中から所有される家畜の様式(該当する家畜種類が複数の場合はその全て)を選んでください。
   種類は牛用、豚用、鳥用、馬・めん羊・山羊用(品種毎の頭数の記入が必要です)、その他・愛玩用があります。
 (3)定期報告書の添付書類 様式B-1、B-2、B-3
   農場図面、飼養密度、埋却地等:全戸対象  以前報告いただいている内容に変更がある場合は必ず連絡ください。
 (4)担当獣医師、通報規定の写し 様式B-4:大規模農家のみ 

  ※なお、後述する小規模飼養者は様式A-1とA-2の提出のみ

 2) 飼養衛生管理基準の遵守状況報告書

小規模所有者以外の所有者は、様式Cのうち飼養している家畜の飼養衛生管理基準のチェックを自身で行って提出してください。様式の種類は次の4種類があります。
  ・牛、水牛、鹿、めん羊及び山羊用
  ・豚及びいのしし用
  ・鳥類(鶏、あひる、アイガモ、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥)用
  ・馬用
  
 ※小規模飼養者とは
  所有する家畜が次の頭羽数に該当する場合は、小規模所有者とみなされ、飼養衛生管理基準の遵守状況の届出は必要ありません。
 ・牛・水牛・馬  1頭
 ・鹿・めん羊・山羊・豚・いのしし  6頭未満
 ・鶏・あひる・うずら・きじ・ほろほろ鳥・七面鳥 100羽未満 
 ・だちょう 10羽未満

4 提出期限

 小規模飼養者(偶蹄類):4月15日まで
 小規模飼養者(鳥)    :6月15日まで
 畜産農家及び一定頭羽数以上飼養の方等は別途当所から提出期限を連絡いたします。

5 提出様式

6 その他

新規に該当家畜を飼養予定の方は、予定日が決まり次第家畜保健衛生所へ連絡ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 備中県民局 高梁家畜保健衛生所 家畜を飼っている方は毎年2月1日時点の届出をお願いします