ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 高梁家畜保健衛生所 家畜を飼っている方は届出をお願いします

家畜を飼っている方は届出をお願いします

 家畜の伝染病疾病発生予防には、皆さんも日頃から大変お気を遣われていることとお察し申し上げます。一度発生すれば、治らないもの、逃げていかないものと手強い相手も沢山です。
 国では家畜伝染病予防法を制定し、その中で家畜の所有者がその衛生管理に関して最低限守るべき基準を定め、その遵守を義務づけることで、その発生予防対策の1つとしています。

1 対象家畜

 衛生管理基準を遵守すべき対象家畜は次のとおりです。
 1 鳥類以外:牛、豚、馬、水牛、鹿、めん羊、山羊、いのしし
 2 鳥類   :鶏、あひる、きじ、ほろほろ鳥、うずら、だちょう、七面鳥

2 届出内容

1 毎年2月1日時点の定期報告書
2 毎年2月1日時点の飼養衛生管理基準の遵守状況

3 所有頭羽数の確認

 1 小規模所有者

 所有する家畜が次の頭羽数に該当する場合は、小規模所有者とみなされ、下記提出書類2の飼養衛生管理基準の遵守状況の届出は必要ありません。
 その所有頭羽数範囲は次のとおりです。

1 牛・水牛・馬  1頭
2 鹿・めん羊・山羊・豚・いのしし  6頭未満
3 鶏・あひる・うずら・きじ・ほろほろ鳥・七面鳥 100羽未満 
4 だちょう 10羽未満

 2 大規模所有者

 所有する家畜の一種類でも規定頭羽数を超えた方は添付書類として担当獣医師や農場規定設定状況を追加報告していただく必要があります。

4 提出書類

 1 定期報告書

 1)基本情報(所有者住所・氏名・管理者等及び家畜の種類・頭羽数等)
   (1)と(2)~(6)の中から所有される家畜の様式(該当する種類が複数の場合はその全て)を選んでください。

  (1)全戸対象(家畜種毎の畜舎数が必要ですので御注意ください)
  (2)牛用
  (3)豚用
  (4)鳥用
  (5)馬・めん羊・山羊用(品種毎の頭数が必要です)
  (6)その他・愛玩用
 2)定期報告書の添付書類 
  (7)全戸対象(以前報告いただいている内容に変更がある場合は必ず連絡ください)
  (8)大規模農家のみ(以前報告いただいている内容に変更がある場合は必ず連絡ください)

 2 飼養衛生管理基準の遵守状況報告書

  (9)牛、水牛、鹿、めん羊及び山羊用
  (10)豚及びいのしし用
  (11)鳥類(鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥)用
  (12)馬用
  
※提出書類
 小規模所有者:(1)+(2)~(6)のうち所有する全て
 大規模所有者:(1)+(2)~(6)のうち所有する全て +(8)+ (9)~(12)のうち所有する全て
 その他所有者:(1)+(2)~(6)のうち所有する全て+(9)~(12)のうち所有する全て
 牛舎構造、埋却地等に変更があれば、(7)を提出願いますので連絡ください

5 提出期限

 国が定めた期限では年度をまたぐことになり、県では職員の入替等がありますので、勝手ではありますが2月中の提出をお願いしております。

6 家畜保健衛生所職員の立入検査

 飼養衛生管理基準の遵守状況については、家畜の所有者による定期報告の他に、都道府県の家畜保健衛生所の立入検査により確認しています。

7 その他

新規所有予定の方は、予定日が決まり次第すぐに家畜保健衛生所へ連絡ください。
上記届出文書以外にも、必要な衛生管理基準情報を記載した文書の提出をお願いしなければなりませんし、確認のための立入が必要です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 備中県民局 高梁家畜保健衛生所 家畜を飼っている方は届出をお願いします