ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

6次化ふぇで協力体制づくり

 概要

 備南広域農業普及指導センターは、地域の6次産業化推進のため関係機関の連携を図る目的で今年度第1回目の「倉敷地域6次化ふぇ」を5月23日(火曜日)に備中県民局で開催した。
 「6次化ふぇ」には、総社商工会議所や総社市、岡山西農協、岡山県農林水産総合センター担当者等が出席した。関係機関から6次産業化関連施策の説明や倉敷管内の6次産業化取組事業者の状況紹介のあと、相互に情報交換や質疑応答を行った。関連施策については、身近で説明を聞くことができ、出席者の理解が深まった。 また、国の認定を受けようとしている事例も紹介され、認定を受けるために必要なステップを知ることができ、今後の参考になった。
 倉敷地域6次化ふぇは年3回の予定で、次回は10月に開催する。

倉敷6次化ふぇ