ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 高校教育課 「サイエンスチャレンジ岡山ジュニア2017」について

「サイエンスチャレンジ岡山ジュニア2017」について

「サイエンスチャレンジ岡山ジュニア2017 」について

 理科や数学に興味・関心を持つ中学生及び中等教育学校の生徒が,実生活・実社会との関連を意識した理科や数学の問題に挑戦することを通して,科学の楽しさや面白さを知り,未知の分野に挑戦する探究心,学ぶ意欲や能力を高めることを目的として開催する大会です。
 順位が1位と2位のチームを、「第5回科学の甲子園全国大会」(平成29年12月1日(金曜日)~3日(日曜日)茨城県つくば市で開催)への出場チームとします。

概要

実施要項 [PDFファイル/176KB]                                                      

開催日時

 平成29年9月30日(土曜日) 9時30分~16時00分 

日程概要

        9時30分~ 9時45分 開会行事
      9時50分~11時10分 競技1(理科)
     11時20分~12時40分 競技2(数学)
     13時40分~15時00分 サイエンスセミナー
     15時10分~16時00分 閉会行事

 

場  所

 岡山大学大学院自然科学研究科棟(岡山市北区津島中3丁目1番1号)

参加条件

 (1)県内の中学校又は中等教育学校前期課程の第1学年、第2学年に在籍する生徒であること。

 (2)同じ学校の3人の生徒でチームを構成すること。男女は問わない。

 (3)各校2チームまで申し込みをすることができる。

 (4)上位6チームは、平成29年11月18日(土曜日)に「きびじアリーナ」で開催するサイエンスチャレンジ岡山に参加すること。

競技の種類

  同じ学校の3人がチームをつくり、2種類の競技に挑戦し、問題等を分担、相談するなど協働して成果を創出します。

 実験実習を伴う問題や、科目の枠を超えた融合的な問題も出題されます。

 競技1(理科分野)時間80分 人数3人

問題1 [PDFファイル/1.56MB]

解答例 [PDFファイル/891KB]

 競技2(数学分野)時間80分 人数3人

問題2 [PDFファイル/378KB]

解答例 [PDFファイル/194KB]

当日の参加校

9校18チーム
岡山操山中学校倉敷天城中学校津山中学校
岡山大安寺中等教育学校岡山大学教育学部付属中学校瀬戸中学校
岡山学芸館清秀中学校岡山中学校岡山白陵中学校

当日のようす

写真 [PDFファイル/394KB]

 

参加者の声

アンケート [PDFファイル/129KB]

 結果

1位 岡山白陵中学校(チーム名:がりれおがりれい)

2位 岡山学芸館清秀中学校(チーム名:ちょっと一息)

3位 県立岡山操山中学校(チーム名:OKM-黄金比)

 〃   県立津山中学校(チーム名:チーム十六夜)

5位 岡山大学教育学部付属中学校(チーム名:岡大付中A)

 〃   岡山大学教育学部付属中学校(チーム名:岡大付中B)

「第5回科学の甲子園ジュニア全国大会」出場校

 科学の甲子園ジュニア全国大会は、文部科学省が推進する次代を担う科学技術人材の育成に関する施策の一環として、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が開催する科学の競技会で、中学校又は中等教育学校の第1学年、第2学年に在籍する生徒6人が協働して筆記競技と二つの実技競技に参加し、順位を競います。

 岡山白陵中学校、岡山学芸館清秀中学校の2チームを第5回科学の甲子園ジュニアの岡山県代表チームとします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 高校教育課 「サイエンスチャレンジ岡山ジュニア2017」について