ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 和気町で酒米品種「雄町」の生産が本格化(4月13日)

和気町で酒米品種「雄町」の生産が本格化(4月13日)

 3月30日、和気町佐伯のJA岡山東佐伯支店で雄町栽培講習会が開催され、岡山東農協和気雄町生産部会の設立が決まった。生産者の意欲が高く、29年度は新規7名を加えた12名で約7haの雄町栽培に取り組む。
 雄町は、岡山県の酒米として古くから定評があるが、倒伏しやすく、作りにくい。また、酒米独自の高い品質が求められることから、高品質米の安定生産と販売先の確保で産地化を目指す。
 普及センターは、講習会やほ場巡回で栽培技術を指導していく。

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 和気町で酒米品種「雄町」の生産が本格化(4月13日)